このたびの東京都議会議員選挙では、民進党の獲得議席はわずかに5議席。

二大政党の一翼を担う政党とは言えない大惨敗です。

巷間、自民党の歴史的敗北が取りざたされていますが、民進党は論評の対象にさえしてもらえない厳しい状況です。

執行部の責任などと言うよりも、党の国会議員全員の責任です。民進党存亡の危機ととらえるべきです。

私は、代表降ろしなどせずに党内一致団結して、今こそ、党改革、党内刷新を行うべきだと考えます。

当選3期以下の若手の議員仲間とともに、野田幹事長に両院議員懇談会の早期の開催と、4月に私たちが出した「若手議員による党改革提言の会」の提言を実行に移していただくことを要請しました。

産經新聞インターネット版記事

4月に野田幹事長に改革案提出時のブログ