(自主防災避難訓練に参加する岸本周平。)

和歌山市高松地区の自主防災避難訓練。

小雨がぱらつく寒い朝でしたが、大勢の住民が参加してくれました。


(自主防災避難訓練の中で、住民の消火訓練の様子。)

消火訓練や、地震体験などの後、備蓄している乾パン、アルファー米、水などを持って帰ってもらいました。

コミュニティ活動が盛んな地域ほど防災の意識も高いようです。

地域のイベントに皆さんが参加していますので、顔と名前がわかります。このことが避難する時にはすごく役に立ちます。