(太洋工業の田中清孝電子部品部次長と記念撮影。)

 東京ビッグサイトで、日本ものづくりワールド―機械要素技術展が開催されています。

 6月22日(水)から24日(金)の三日間です。

 主に、わかやま産業振興財団のブースに県内の中堅・中小企業が出展されています。

 和歌山市からは、太洋工業(株)、川本化成(株)、(株)小松金属の3社。県下からは、他に7社で、合計10社が参加。

 すべてのブースをお訪ねしましたが、それぞれに、高い技術力を背景に堂々と、自社製品のアピールをされていました。

 さらに、小川工業(株)と医療関係の展示会場の青野パイル(株)は独自に出展。

 和歌山の企業が頑張っているのは本当に誇らしいことです。

 先週の、三越百貨店恵比寿店でのサントピアさんなどの飲食関係もそうですが、これからどんどん和歌山以外の商圏に進出する機会をつくっていってもらいたいと思います。

 和歌山県選出の国会議員として、機会あるたびに応援していきます!