(市場祭りであいさつする岸本周平。)

 今朝は、和歌山中央卸売市場の市場祭りからスタート。今年で11年目。私が和歌山に戻り、政治生活を始めた時期とかぶります。

 クエやアンコウ、カニなどの鍋料理が安い値段で、味わえる人気のイベント。主催者発表で2万人が訪れました。なんと、5000食分が完売。

 その他、会場では、野菜や果物、鮮魚などが、卸売市場ならではの低価格で提供されます。

 また、アンコウとマグロの解体即売コーナーやセリの体験も好評でした。

 継続は力なりですね。今や、歳末恒例の和歌山市民のビッグイベントになりました。


(1杯500円のクエ鍋)

 私も、あいさつの後、クエ鍋いただきました。美味しかったです!
 
 九州ではアラという名前ですが、同じお魚です。

 今は養殖もあるようですが、天然ものの味は格別です。

 和歌山の観光資源としても最高ですね。