(紀三井寺競技場での試合風景)
 
 今日は、アルテリーヴォ和歌山にとって、関西1部リーグ第2節、ホーム開幕戦。

 対戦相手は、アミテイエSC京都。結果は2−1。

 辻元茂輝監督の初勝利おめでとうございます!

 小雨の中、紀三井寺競技場に最多の1000人を超えるサポータが集まりました。

 前半終了間際に、まずアルテリーヴォが寺本健人選手のシュートで先制点。しかし、すぐに1点取り返されて、1−1に。

 休憩の間に、TONPEIさんの応援歌で気合いを入れました。

(TONPEIさんの応援歌)

 後半戦19分に、芝崎純平選手決勝ゴールの後、終盤はピンチの連続。しかし、選手達の気迫あるプレーで逃げ切ることができて、応援団は大満足しました。

 アルテリーヴォデビューを果たした永井雄一郎選手は、オーラが出ていましたが、決定打を欠きました。

 しかし、これまでの経験が期待できます。アウエイの試合までは応援に行けませんが、紀三井寺で試合があればこれからも、必ず応援に行きます。