(和歌浦天満宮の石段と楼門)

 7月24日、25日は和歌浦天満宮の夏祭り。西暦901年に、太宰府に流される菅原道真が、舟で和歌浦に停泊。その後、10世紀に神社が創建され、1585年浅野行長により再建されました。

 楼門や本殿は重要文化財です。天神山の中腹に位置する天満宮から和歌浦湾を展望する景色は天下一品。

(和歌浦天満宮神職の皆さん、氏子総代、責任役員の皆さん)



 地元の総代さん、氏子さんたちもご自慢の神社です。

 私も夏祭りのはしごをしながら、和歌山を誇りに思う日々です。

(天満宮からの眺望)

 和歌山城の周辺でも、夏祭りはたくさんやってます。8月3日、4日は紀州おどりよさこい祭り、3日にはぶんだら節も同時開催。

 先週は、第36回の障がい者と市民の夏祭り。毎年、参加してごあいさつしています。大勢の方が、集まる元気のいただけるお祭りです。

(第36回の障がい者と市民の夏祭り)

 この他、地域の小学校単位や、連合自治会の夏祭りが目白押し。毎晩、祭りのはしごです。

 いきおい、焼きそばやおでん、ビールなどが主食の日々となりますので、確実に体重の増える季節です。

 毎朝のウオーキングはかかせませんね、、、苦笑。