(JAPANTEX2012開会式で、高円宮久子妃殿下ご臨席の下、ご挨拶する岸本周平)

 今日は、「インテリアトレンドショー第31回JAPANTEX2012」の開会式に出席しました。

 高円宮久子妃殿下をお迎えしての重要な式典です。妃殿下は第11回の平成4年から毎年ご臨席とのことです。

 高円宮家のお嬢様が松山バレー団でバレーを習われていたご縁から、ご臨席になられたとのこと。


(松山バレー団の森下洋子先生とご一緒しました。)

 主催は日本インテリアファブリックス協会。吉川一三会長ご夫妻とともにお出迎えさせていただきました。


(東京国際展示場の入り口でお出迎え)

 JAPANTEXは国内最大のインテリア製品の展示会で、中国、韓国など海外からもバイヤーが参加するビジネスマッチングの場でもあります。

 今年のテーマは「しあわせ+インテリア」です。

 政局が流動化する中、ひとときの「しあわせ」を感じることのできる展示内容でした。


(高円宮久子妃殿下のお供で、会場を視察)

 カーテンや床材などのインテリア製品はリサイクル率の高いものも多く、技術的には世界的にトップの水準です。

 さらにデザイン性にも一工夫がなされ、カラフルな会場には「しあわせ感」が満ち溢れていました。

 「日本の産業の底力はいろんな所にあるな!」ということを、経済産業大臣政務官の約1ヶ月半の間に、ずいぶんと経験させていただきました。

                    私たちのために。
                    私たちの子どもたちのために。  
                    私たちの大切な人のために・・・。
                    信じられない政治に終止符を打つ。