(片男波野外ステージであいさつする岸本周平)

 今日は、昭和の日。

 午前5時から、朝起き会に。眠い目をこすりながら、参加させていただきましたが、季節が良いので、さわやかな朝日をみることができました。

 その後は、和歌山城公園の清掃ボランティア活動。7年間参加していますが、今日は作業ができずにごあいさつのみ。申し訳なく思いました。

 新緑に映える和歌山城は、本当に美しいです。




 そして、第7回和歌の浦ステューデントJAZZフェスティバルの会場へ。片男波の野外ステージです。

 中学生と高校生のバンドがJAZZの演奏をします。映画「スイングガールズ」のモデルになった「高砂高校ジャズバンド部」も参加してくれました。

 出場は、高砂高校を含めて9校。観客席一杯のお客さんが入りました。

 私は、浪人中からこのJAZZフェスティバルの実行委員会の顧問をさせてもらっています。

 シング・シング・シングなどのスタンダードジャズを素晴らしい演奏で聞かせてくれました。

 素晴らしいお天気で、すがすがしい浜風を感じながらのJAZZです。ゆっくり最後まで聞きたかったのですが、そこは仕事優先(!?)

 連休と言えば、岸本周平はスーパーマーケットの前での街頭演説を続けてきました。

 今日も、寸暇を惜しんで、街頭演説。すっかり、日焼けしてしまいました。





                    私たちのために。
                    私たちの子供たちのために。  
                    私たちの大切な人のために・・・。
                    信じられない政治に終止符を打つ。