(エンジン01文化戦略会議 オープンカレッジin鳥取で語る岸本周平)

 今日は、羽田空港から鳥取に飛びました。

 毎年行われる「エンジン01文化戦略会議 オープンカレッジ」が鳥取で開催されるためです。

 私の出演は、「誰にでもわかる国防論」です。エッセイストの南美希子さんが司会。お相手は拓殖大学の森本敏教授と、同志社大学の村田晃嗣教授の両大御所。

 森本先生、村田先生は、文字通り、私の安全保障問題のお師匠さん。

 師匠の胸を借りるつもりで、いくつか提案しました。

 南さんは、趣味が安全保障と言われるだけのことがあって、テキパキとコーディネーター役をしてくれました。

 北朝鮮問題、日米安保、集団的自衛権などの議論の他、村田先生に教わったのですが、福沢諭吉翁がこんなことを言ってるんだそうです。

 「地方の独立がなければ、外交の独立はない。」 つまり、国に頼らず、地域の自主性を重んずる市民がいない国では、国家の独立を守る気概のある国民は育たないということだと。

 出演者でありながら、勉強になることだらけの90分でした。

 その後は、鳥取砂丘 砂の美術館の製作過程の見学。

 夜は、「夜楽」に参加。地元のレストラン25軒が舞台です。スピーカーが数人ずつ分かれて、地元の皆さんと、食事をしながら意見交換会。

 私は、経済評論家の勝間和代さん、歴史家の井沢元彦さん、照明家の海藤春樹さん、ユングの研究者宮野素子秋田大教授と同じチームでした。

 勝間さんとはいつも、エンジン01の勉強会で一緒ですが、初めての先生も気さくな方ばかりで、鳥取の皆さんと一緒に楽しい時間が過ごせました。

 今週は、3日間、社会保障と税の一体改革で厳しい日々が続いていましたので、久しぶりにお目にかかるエンジン01メンバーとも、ゆっくりお話はできて、良い息抜きになりました。

 明日は、朝一の飛行機で地元に戻ります。

                    私たちのために。
                    私たちの子供たちのために。  
                    私たちの大切な人のために・・・。
                    信じられない政治に終止符を打つ。
                    そして、信じられる政治を創るために。