(和歌山県産業廃棄物協会の「クリーンアップ・キャンペーン浜の宮」でのあいさつ風景)

 6月なのに、夏本番の勢いですね、暑いです。和歌山市内の有名な海水浴場「浜の宮」の海開きは7月1日。

 毎年、海開きの1週間前に、県の産業廃棄物協会主催の海岸清掃が開催されます。

 浜の宮は、全国有数のウインドサーフインのメッカです。

 今朝は、台風の影響で波浪注意報が出ていましたので、サーファーの皆さんが大勢集まってきておられました。

 海岸はいくつかのボランティア団体や地元の皆さんが小まめに掃除されるので、けっこうきれいでした。

 100人以上のボランティアで一斉に掃除をしますから、約1時間ほどで、すっかり片づきました。

 午前7時からですから、心地よい風の中でそれほど汗をかくこともなく、すがすがしい気分で作業ができました。

 

(支援者のお一人と、記念撮影。袋に一杯ゴミがたまりました。)

 この後、事務所のトイレ掃除。

 「和歌山掃除に学ぶ会」には、最近、スケジュールが合わなくて、参加できていません。

http://blog.goo.ne.jp/shu0712/e/964b4d4dd52e1fde0345c5020df0525f

 

 トイレ掃除は、「トイレの女神さま」に気に入られて、運気が上昇し、女性ならべっぴんさんになる近道です。

 時々は、一心不乱にトイレ掃除をしなければと、、、事務所のトイレに挑戦。

 朝早かったので、事務所スタッフには見つからないと思っていたのですが、みんなが思ったよりも早く出勤。ばれてしまいました。

 しかたがないので、今後は、事務所のスタッフの皆さんとも、運気上昇のチャンスを分かち合うことに、、、、苦笑。

             私たちのために。
             私たちの子供たちのために。  
             私たちの大切な人のために・・・。
             信じられない政治に終止符を打つ。
             そして、信じられる政治を創るために。