今日は、会期末を控えて国会が空転しました。

 東日本大震災の被災者の皆さんのことを考えれば、通年国会にして、関連法案を超党派で通していくこと以外にどのような政治があり得るのか?

 私なりに、党の幹部の方ともお話をさせていただきましたが、問題意識を共有していただけても、埒(らち)が明きません。

 私は国会議員としての経験がまだ浅く、政局をするよりも、政策だと思い定めてきました。

 したがって、私自身はこの間、NPO法改正の議員立法にエネルギーのすべてを使っていましたので、悔いはありません。

 しかし、このような政府、国会のあり方で、ほんとうに良いのだろうか?自問自答しています。

 

 社会保障と税制の抜本改革の議論も、このような状況下では推進力を持って行うことはかないません。

 NPO法や津波対策の政策は超党派で行えました。

 社会保障の充実とそのための財源の問題こそ、超党派で議論すべき課題です。

 そのためにも、一日も早く、民主党の体制を一新して、与野党の信頼関係を取り戻し、超党派で震災復興、原発問題、財政再建、社会保障と税の問題に取り組まねばなりません。

 国会議員として、自分のできることから始める覚悟です。