(市民公益税制説明会で講演する岸本周平)


今日は、土曜日なので、フルに地元活動の一日でした。


事務所スタッフとの打合せの後、「わかやま元気NPOまつり」に参加。


開会のごあいさつをさせていただき、40のブースを見て回りました。いつもお世話になっている方々ばかりで、パワーをいただきました。


その後、FMバナナの収録。1か月分をまとめて収録しますので、けっこう時間がかかります。


12時からの「市民公益税制説明会」に行くために、収録は一時中断。会場はNPOまつりと同じ「ビッグ愛」です。


わかやまNPOセンターが事前に広報してくださったり、松原明さんのNPO法人シーズがメイリングリストで宣伝してくださったので、大勢のNPO関係者に集まっていただけました。感謝です!


このブログでも何度も書いてきたように、寄付金税制が大きく変わろうとしています。もっとも、税法改正案とNPO改正法案が国会で可決されなければ「絵に描いた餅」になってしまいます。


大勢のNPO関係者に改正内容のご理解をいただき法案通過の後押しをしていただかなければなりません。


3月13日(日)は福岡で、14日(月)は大阪で超党派の政治家が呼ばれて、NPO主催の説明会が開催されます。私は、13日の福岡に参加します。


その他、今日の和歌山でのタウンミーティングのような説明会が全国各地で開かれます。


説明員として、たくさんの会合から私に声がかかるのですが、体は一つ、、、。すべて私が出るわけにもいかず、、、困っています。


なので、来週、国会議員の説明者を増やすための講習会を開きます。


政局よりも政策!!です。一人でも多くの方に、「新しい公共」、市民公益税制の中身を知っていただくよう頑張ります。


説明会の中身は、、、、と言うと。


何しろ、NPOの現場で活躍されている方々ばかりなので、現場感覚に基づいた鋭い質問が飛び交いました。また、具体的なご要望もいくつかいただきました。議員立法のNPO法改正作業に行かしていければと考えています。ほんとうに、ご参加ありがとうございました。