(自転車部隊の先頭で事務所を出発する周平の雄姿、w)

 今日は、参議院選挙4日目。初めての日曜日です。

 昨年の私の選挙戦では、自転車3台でよく和歌山市内を走り回りました。公示前から、週末は自転車部隊。

 私の政治活動のスタイルは、歩きながらの辻説法。毎日50回の辻立ちを歩いて、達成。

 自動車で回ると、有権者との距離が遠くなります。

 もちろん、公示後は街宣車にも乗りましたが、基本は歩きか自転車ですね。有権者の方から、声もかけてもらいやすいです。また、私の声に気づいて家の外に出てきていただいても、たいてい、そのあたりをウロウロしていますから。

 ということで、昨日は午後1時半から、約3時間コースで和歌山市内を自転車で走りました。

 私が先頭(何たって、プロですからw)。その少し後を候補者本人。そしてボランティアの女性二人と藤本まり子民主党県連幹事長。最後は、これまたプロでないと務まらないので、県連青年局次長の永野ひろひさ君。全部で6台。

 永野君とは昨年の選挙でもパートナー。言葉を交わさずとも、以心伝心、コミュニケーションが取れます。

 大きい「のぼり」は私と永野君の自転車のみ。ポールを信号機にぶつけたり、けっこう、危ないんです。

 候補者には小ぶりの「のぼり」をお願いしました。

 国体道路を南に下り、紀三井寺の交差点から、和歌の浦、水軒、西浜と抜けて、漁港の雑賀崎まで。雑賀崎には漁師さんや近所の皆さんに集合していただいてました。

 候補者の演説、取材の後、事務所まで大浦街道をまっすぐ北上。

 テレビカメラのクルーや取材の記者さんたちに並走していただきながらの快走(!?)。

 暑かったですが、タフな候補者も含めて全員無事に戻りました。

 昨年夏の暑い、熱い戦いを思い出してしまいました。

 今年も「逆転の夏!」になりますように。

             私たちのために。
             私たちの子どもたちのために。  
             私たちの大切な人のために・・・。
             信じられない政治に終止符を打つ。
             そして、信じられる政治を創るために。

コメント一覧

    • 3. Unknown
    • 2010年06月29日 09:18
    • 上げ足を取って口汚く批判するだけの古臭い政党に、私たちの生活も子供たちの未来も託そうとは思いません。有権者が、政治も政治家も選択(洗濯)しなければ…。
    • 2. Unknown
    • 2010年06月29日 19:44
    • テレビも新聞も、マスコミ報道のやり口にはうんざりします。菅総理の「消費税発言」…「公約」と言ったのは、「10%に上げる」ことではなく「議論すること」についてだったのは、聞いていた人は誰でもちゃんとわかっていることではないでしょうか。
    • 1. イヌネコボーイ
    • 2010年06月30日 02:22
    • 新しいマニフェストが出来上がったみたいですが、1年もたたずに内容を変えるのはどうなんでしょう。<br>時代の変化があるのは仕方がないけれどあまりにも早すぎる。これでは信用できません。<br>政治家の約束とはこんなものなのでしょうか?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字