(水軒の浜に松を植える会のメンバーと記念撮影)  


 今日は、朝9時から、水軒の浜に松を植える会の植樹のイベントに参加。  


 水軒は高度成長の時代に埋め立てで失われた白砂青松の地です。 


 この会が発足したのは2年前。実際には3年前から、水軒の浜での松の植樹をしてきました。私も最初からのメンバーです。


  地元西浜中学の生徒さん達も毎年、松を植えてくれます。


 私が昨年植えた松は、残念ながら枯れてしまいました。会のメンバーが植えかえてくれたので、助かっていますが(笑)。  


 おりから、チリの地震による津波警報が和歌山県に出ていました。平均1メートルとのこと。関係当局との連絡の中で、和歌山県にはそれほど大きな影響はないとの情報を得ていましたが、心配は心配でした。


  失われた海岸線の、少なくとも松の並木は復活させようという活動の日に、津波警報とは、、、。皮肉な運命を感じました。


  その後、和歌山放送の番組の収録。いろんな会合に参加する中で、刻々と入る情報の中で、和歌山県では津波の大きな影響はないようで、安心しました。


  本来は、毎週、月曜日の朝、駅頭で街頭演説をしてから上京するのですが、明日の朝早くから、国会審議がありますので、関西空港発のJALの最終便で東京に。和歌山には昨日の朝一番に帰りましたので、あわただしい週末となりました。


  なお、先週の私の衆議院、財務金融委員会での質問の様子は、以下のURLからご覧いただけます。ぜひ、見てください。


 http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php


              私たちのために。
             私たちの子どもたちのために。  
             私たちの大切な人のために・・・。
             信じられない政治に終止符を打つ。
             そして、信じられる政治を創るために。