合宿講義最終日。いつものことながら、三日間、同じ釜の飯を食べながら、夜は授業の後、お酒を飲みながら、学生さんたちと議論をしています。今時の?!若者の考え方や感性がわかります。それが、最大の楽しみです。

 課題図書の三冊目に、きっちりと読み込んだ本は、フィリップ・コトラー、ナンシー・リー著の「社会が変わるマーケティング」(2007年、栄治出版)です。

 ニュー・パブリック・マネジメントの考え方は、2000年ごろから、日本にも入ってきました。公会計の導入、市場化テストなども試行されました。残念ながら、霞が関の役所の側に、真剣に受け入れる土壌がありませんでしたので、、市場化テストは大失敗。もっとも、公会計はともかく、国や、特殊法人などの資産負債バランスに注目する考え方は根付きつつあります。

 この本は、民間企業では当たり前に使われるマーケティングの手法を電気、ガス、水道などの公共サービス提供者や国や自治体の行政に適用する方法、成功事例などを教えてくれます。

 当然、上から目線の行政ではなく、「顧客中心主義の採用」や「市場の細分化とターゲット市場の設定」などが、行政分野にも適用されていきます。

 2005年から始まった、「英国の学校給食革命」の事例。有名な29歳のシェフ、ジェイミー・オリバーのリーダーシップで、学校給食の素材を冷凍食品から天然素材や、野菜、果物中心に変える運動が起こります。その結果、ブレア首相は毎年約700億円の学校給食改善予算を組むことになりました。

 このような事例が満載のこの本は、マーケティングの基礎も学びながら、公共セクターのあり方を根源的に問い直す好著です。

 今年の学生さんは地方公務員志望が多かったので、バッチリの選択でした(これは、偶然なんですけどね、、、w)。

 多くの公務員の方々、公務員志望の皆さんに読んでもらいたい一冊です。

             私たちのために。
             私たちの子どもたちのために。  
             私たちの大切な人のために・・・。
             信じられない政治に終止符を打つ。
             そして、信じられる政治を創るために。

トラックバックURL

コメント一覧

    • 2. 地方都市住民Y.M.
    • 2010年02月01日 13:27
    • 以前のコメントですが、一度掲載とならず日がたち過ぎたので再掲をお願いします。<br><br>> 2010-01-25 10:36:04釈迦に説法(テラタニ)<br>> 『諤諤たる争臣あれば、その国昌え。黙黙たる諛 臣あれば、その国亡ぶ。』(韓詩外伝)<br>> 事あるごとに直言する臣下がいる国は栄え、肝心なときに沈黙をきめこむ、へつらい者ばかりいる国は滅亡する。<br>> 今の民主党が、そう思えてなりません。期待していた者としては、少し失望しています。<br><br>上記のご意見に私は同意しかねます。<br>民主党の方々は、幾多の苦難を乗り越え胆力が付かれたと思います。<br>事の本質がどこにあるかを見抜く力も徐々に身に付けられたんだとも思います。<br>それは我々も同じはずです。<br><br>私達はこの数年(特にこの1年)で、この国の国会・選挙・国会議員に関する制度がいかに現職優位にできているか、中でも与党優位にできているかを知ったはずです。<br>例えば献金・政党助成金・歳費・無料で使える長巨大シンクタンク「官僚機構」...<br>その制度の結果、新人候補が現職候補を破ることや、野党が与党を上回ることが制度的に非常に困難であることを、深く知ることができました。<br>ですから、昨夏の選挙結果は奇跡的な結果です。そう容易なことではありません。<br><br>その時、お金のこと一つとっても、制度等の外形的事実や、今般の諸疑惑の細部(新聞・TVの論調ではなくて客観的事実の細部ですよ)を見てみるだけで、民主党も、鳩山氏も、小沢氏も、与党に比べて遙かにお金が無かったんだなということが分かります。分りませんか?よ~く目を凝らして見てみて下さい。よ~く考えてみて下さい。<br>少なくとも金で政権を買ったんではない。だって与党の方がはるかにお金を持っていたんだから。<br><br>もちろん“普通ではありえない政権交代”を成し遂げるのにある程度の軍資金がいるのは当然です。<br>大将ともなれば個人の新人候補者の活動費・生活費の比ではない金額がかかるでしょう。<br>世論調査等のシンクタンク機能を自前で果たすだけで、それなりの桁の金額を回しても内実は火の車だったろうと容易に想像できると思います。<br><br>もう一度よく考えてみて下さい。<br>「現職優位」即ち権力が特定者から動かない制度では、「主権在民」は絵に描いた餅です。<br>本来最高権力であるはずの投票権は、権力ではなく「お上」の権力の追認制度と成り下がっています。<br>その意味で今国会で最も大切なのは、中長期的には国会改革法・選挙制度改革法です。<br>秋にも横やりが入り実現されませんでした。千載一遇のチャンスを一度逃しました。<br>実は自自連立の時も実現されませんでした。<br>今国会でも逃したら、たぶん骨抜きにされ、何も変わりません。<br><br>何故“普通ではありえない政権交代”が成しえたか。<br>何故“主権在民実現のための抜本的制度改革”が今また葬られようとしているのか。<br>どうぞよく考えてみて下さい。<br>私は、今の民主党の中には、そういうことが良く分っている方々が増えているんだと思います。そう思いたい。願っています。<br><br>(テラタニ)さん、皆さん、どうか一緒に、今一度冷静に、丁寧に、素直に、よく考えてみて下さい。<br>
    • 1. 桜谷
    • 2010年02月09日 23:33
    • >(テラタニ)さん、皆さん、どうか一緒に、今一度冷静に、丁寧に、素直に、よく考えてみて下さい。<br><br>「冷静に、丁寧に、素直によく考えていない」と言われてしまうかもしれませんが、<br>私はテラタニさんの意見の方に同意します。<br><br>「普通ではありえない政権交代」を成し遂げた結果が、自民党時代よりも酷い政治であれば、<br>賛成できないのは、有権者として、普通の感覚だと思います。<br><br>民主党は「政治主導」としきりに訴えていますが、いくら官僚の力を抑えても、<br>その代わりに、一握りの民主党代議士が利権を握るのでは無意味です。<br><br>また、国会答弁を見ていれば、民主党の大臣は、今までろくに勉強もせずに、<br>「官僚が悪い」、「自民党が悪い」と訴えることだけで、国会議員を務めてこられた<br>人たちばかりのようにも思えてしまいます。<br><br>憲法も法令もご存知なく、自分の感覚がすべての判断基準という方たちですから。<br><br>しかも、鳩山総理、小沢幹事長のスキャンダルに対しても、自浄作用が働かないのを<br>見れば、モラルの面も期待できないわけです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字