(夕日が沈む頃、マジックアワーと呼ばれる空の変化。議員宿舎の窓から。撮影by岸本周平)

 今朝は、8時から議員会館で国家戦略室が昨年末発表した「新成長戦略(基本方針)」をテーマに内閣府の政策会議。

 2020年までの平均で名目GDPの成長率を3%、実質で2%を超えるものにすることを目標にしています。環境分野など以下の6つの戦略分野を選んで成長を目指しています。

 1.グリーン・イノベーションによる環境・エネルギー大国
 2.ライフ・イノベーションによる健康大国
 3.アジア経済戦略
 4.観光立国・地域活性化戦略
 5.科学・技術立国戦略
 6.雇用人材戦略

 そして、公共事業・財政頼みの「第一の道」、行き過ぎた市場原理主義の「第二の道」でもない。「第三の道」を進むとのこと。それは、環境、健康、観光の3分野で100兆円を超える「新たな需要」を創造する道だそうです。

 いつもながら、政策会議で発言しました。

 ひとつは陳情です。「内閣のHPに「新成長戦略(基本方針)」の英訳が載っていません。英語版で7枚のパワーポイント資料が申し訳程度にあるだけ、、、。」

 「今度、外国人投資家に新成長戦略を説明しなければならないんですが、鳩山内閣として海外にも情報発信していただきたいし、私も助かる、、w」と。

 それから、「第三の道」は外国のインテリに誤解を与えます。「第三の道」と言えば、私も今度、大学院の講義で使うアンソニー・ギデンズ著「第三の道」が連想されます。

 これは、社会民主主義でもなく新自由主義でもない、まさに「第三の道」というグローバリズムや市場主義と社会の安定が両立しうるという社会哲学なのです。それは、クリントンやブレアに影響を与え、ニューデモクラッツやニューレイバーの運動を起こした思想なのです。

 民主党が「第三の道」という言葉を使うと、外国人は、深かぁーい意味があると思うのですね。ここでは、安易に「The third way」という言葉を使わなくてもよかったですね、、、と申し上げました。

             私たちのために。
             私たちの子どもたちのために。  
             私たちの大切な人のために・・・。
             信じられない政治に終止符を打つ。
             そして、信じられる政治を創るために。

トラックバックURL

コメント一覧

    • 4. ふくろう
    • 2010年01月27日 03:51
    • <br>私は1970年2月生まれで 医療事務か 一般事務か データ入力の仕事を探して 就職活動中です。<br><br>私が1992年1月から 1999年3月まで アルバイト勤務していた大阪市北区中津にある 日本通運のことをお話し致します。<br><br>勤務日は 月曜日から 土曜日までの週6日 勤務時間は9:30~17;30の契約で 休日は 日曜日と 祝祭日でした。<br><br>しかし 時給は 全く 同じ仕事で 男性が900円で 女性が750円でした。<br><br>長年 休まずに 忙しい時は 21:30位まで 残業もして 一生懸命に 働いていても 厚生年金も 有給休暇も 社会保険もありませんでした。<br><br>暇な時は 女性だけが15時位で 帰らされたり 1日おきの 出勤にされたり トイレ掃除も 女性だけがさせられていました。<br><br>私は 独身で 両親と 同居していて 何回も面接に落ち やっと 採用された会社だったし 辞めると 次の会社を見つけることが難しいと 思ったため なんとかやっていましたが なかには 一人暮らしの方や 離婚経験者でお子さんを 必死で 育てている方は それが嫌で 何人も辞めていきました。<br><br>女性は かわいくて 普通以上の身長がある人だけが 時給850円の厚生年金と 有給休暇と 社会保険つきの準社員になれていました。<br><br>でも 私は小柄だった為 一日も休まずに 一生懸命に働いていても 準社員になれませんでした。<br><br>私は 物凄く 準社員になりたかったので 認めてもらいたくて 一日も休みませんでしたし 残業も沢山して 身長を高く見せたくて 少しでもかかとのある靴を履き お守りも沢山持ち 頑張っていました。<br><br>身長制限がある モデルさんや 客室乗務員や 婦人警官ならともかく 一般事務の仕事なのに 本人がどうしょうもできない身長などで 準社員になれなかったのは 納得いきません。<br><br>退職後 2005年に通った ヒューマンアカデミーの医療事務の先生から 普通の会社は 例え 時給制でも 月曜日から 土曜日までの週6日 勤務時間は9:30~17;30 半年働いたら 10日間の有給休暇がもらえる権利があると 教えて頂きました。<br><br>ヒューマンアカデミーの医療事務の先生から 連合大阪という所が 格差是正などに 取り組んでいるので 行ってみたらどうかと 勧めて頂きました<br><br>私は 初めて 連合大阪へ行き 連合大阪の方からも 例え 時給制でも 半年で 勤務時間に合わせた数だけ 例え週1日でも 有給休暇はもらえて 7年も働いていたら 厚生年金も 有給休暇も 社会保険ももらえる権利があると 教えて頂き 9:30~17;30の契約なのに 15時位で 帰らされたり 1日おきの 出勤にされたりするのは 契約違反にあたるし 退職後 2年間までは 訴える事もできた事を 教えて頂きました。<br><br>今 考えても 物凄く 悔しくて これからは 厚生年金も 有給休暇も 社会保険ももらえる所に 就職したいです。<br>
    • 3. ゆう
    • 2010年01月27日 11:58
    • 初めてコメントします。<br>岸本さんを知ったのは、岸本さんが和歌山に帰ってきて最初の選挙の講演会がきっかけでした。<br>それまでは、選挙にも何となくの興味でしたが、岸本さんの熱意、話術とても楽しくファンになってしまいました。それからすぐ他市に引っ越しましたので、残念ながら選挙権はなくしてしまいましたが、昨年の選挙での民主党の大勝には期待も大きく喜びました。<br>ですが、最近は国会でも、以前の自民党とやっていることは変わりないのでは?と感じることが多いです。何のための変革だったのか…<br><br>私は小学校卒業目前に、1型糖尿病を患うことになり、13年たった現在も治療中です。<br>和歌山には専門医はなく、大阪の病院で月1回受診しています。今は待望の妊娠も叶い周囲に支えられ、がんばっています。<br>なぜこのようなことを書いているかわかるでしょうか?<br>妊婦検診の公費負担…もちろん和歌山で交付してもらいましたが、県外の病院では使えないといわれ、出産後にまとめて請求してほしいといわれました…<br>私の月1回の治療費は3万円を超えます。これからはさらに金額は増えるでしょう。大阪までの交通費、年度末の医療控除をしても返還金は微々たるもの…<br><br>私は、子供に給付金を出すのなら、子供を産み、育てられる環境整備に使ってほしいのです。<br>保育所の整備、医療環境・医師の充実、境界のない補助など。<br>目先の援助よりも、長い目で見た未来への援助を期待していた分、今回の決定は落胆にも近いものとなりました。<br><br>病気にならなければ、その人の本当の気持ちや苦労はわかりません。だからこそ、声を聞いてください。<br>いくら国会への陳情書を出しても、和歌山県に書類を出しても何の結果にもつながっていません。<br>さまざまな病気があるから1つに関わっていられないではなく、すべての人が少しでもいいから助けてほしいというのが本音になると思います。<br>そんな願いを議員さんに託している人がいることを忘れないでください。<br>子供の言い合いのような国会を見たいわけだはありません。日本を創るために奮闘してもらっていることは分かっています。<br>そのために必要なことをしてもらいたいんです。<br>こんなことどこで伝えればいいのか分からず、岸本さんに伝えるしか思いつきませんでした。<br>春からは和歌山市での生活に戻ります。<br><br>大変だと思いますが身体に気をつけて、今後も変わらない岸本さんに期待しています。<br>長いコメントお許しください。
    • 2. しょみん
    • 2010年01月28日 02:20
    • じゅくごを、つかわないで、すべて、ひらがなで、せつめい、してもらいたいな。<br>
    • 1. でんちゃん
    • 2010年01月28日 16:29
    • 週刊誌によると・・・資本金10億円以上の法人の内部留保の総額は、480兆円だそうです。これに課税すれば、世間一般の方に痛みを与えずに財源ができるのではないでしょうか?<br>正社員を増やす企業には、控除を認めるとか・・・他の政策と抱き合わせれば効果的だと思いますが、いかがでしょうか?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字