東京神田の古書店街。本屋の2階に、NPO「インドセンター」の事務所があります。代表を勤めているのが、10数年来の友人であるヴィバウ・カント・ウパデアーエさん。

 彼は親族にインドの大臣や州知事などを輩出する政治家一家の出。本人は、東大大学院に留学して、和製ソフトの「トロン」を開発した坂村健教授の門下生となります。

 卒業後、1996年にNPOのインドセンターを日印の両方に立ち上げ、民間外交の立場から「日印友好」を推進してきました。

 その頃から、彼との交友が始まりました。国際局アジア通貨室長をしていた1999年に、インド政府との交渉のためニューデリーに行く機会がありました。財務省の次官との交渉でしたが、ビバウさんが一緒にインドに来てくださり、大臣や政党の幹事長クラスの要人を紹介してくれました。

 そのおかげで、交渉もスムースに運び、日印の財務省トップの定期的な会談を戦後初めてセットできました。大蔵省時代にした仕事の中でも、誇りに思う仕事の一つです。

 浪人中の4年間は、東京に行く機会も少なく、ご無沙汰していましたが、今日、神田の彼のオフィスを訪ねて旧交を温めました。今度は国会議員として、ぜひ、インドに来てくださいとのこと。10年前に会った政治家の中でも、私のことを覚えていてくださり、今回の当選をお祝いしたいという方がおられるそうです。

 私は山東大学経済学院の客員教授や北京の社会科学院の特別上席研究員の立場で、中国の学会や財務部、人民銀行とのパイプがあります。さらに、加えて、インドにもパイプを作って、議員外交を進めていきたいと考えています。

             私たちのために。
             私たちの子どもたちのために。  
             私たちの大切な人のために・・・。
             信じられない政治に終止符を打つ。
             そして、信じられる政治を創るために。

トラックバックURL

コメント一覧

    • 3. 飛鳥
    • 2009年11月28日 04:59
    •  米国には有力な仲間が居られ、中国とも親交があり、インドとの太いパイプをお持ちとは、改めて周平さんのすごさに驚くばかりです。此処で一つお願いがあります。<br> まだまだ広がり続けている砂漠を緑化して頂きたい。な~に簡単な事です。有り余る海水を淡水化して砂漠に与えれば良いのです。砂漠に木々が生い茂ればCO2問題も解決できるでしょうし、生き物にとっての快適な場所が生まれます.それに、何かと病んでいる地球を蘇生させることにもなります。こんな素人の夢想も、政治家周平さんなら実現可能ではないでしょうか、もし、ライフワークの一つに加えていただければ嬉しいんですけれど・・・。
    • 2. Unknown
    • 2009年11月29日 16:14
    • 日本と同じ価値観を共有する民主主義国のインドとの関係はとても重要ですよね。昨年は日印安保共同宣言も署名されましたし、今の政権でもインドとの交流を盛んに行ってもらいたいです。
    • 1. Tia Kansara
    • 2010年05月19日 04:46
    • I believe Japanese - Indo relations are paramount. Not only can Japan teach India about efficient infrastructure - Japan needs India. India has the power from industry and other markets to sustain growth for at least another 50 years. Japan was in negative growth for an insane period of time. <br><br>Japan can survive through the support of a growth engine like India. I cannot see Sino-Japanese relations bettering after visits to the Yasukuni Shrine.

コメントする

名前
URL
 
  絵文字