(和歌山県柔道連盟の藤村茂名誉会長から、推薦状をいただく周平です。)

 昨日は、事務所に和歌山県柔道連盟の藤村茂名誉会長が来られました。私が、小学校1年生から中学3年までの9年間、通った藤村道場の師匠です。

 私の人生で、基礎的な体力と「がまん強さ」をつちかったのが、藤村道場での9年間だったと思います。

 柔道は強くありませんでしたが、礼儀作法や根性をたたきこまれました。
 その後の人生の中で、役に立つことばかりでした。

 その師匠から、直接、推薦状をいただいて、感無量でした。

 これまで、柔道会館の「振勇義館」で少年柔道の指導をさせていただく時も、藤村茂先生の「真剣に、正面から子どもに向かい合う」という姿勢をお手本にしてきました。

 岸本周平は、真剣に、まっすぐ正面から国民に向かい合う政治を目指します。

 これまでの人生で経験してきたことが、何ひとつ無駄ではなかった。すべてが、今度の選挙に挑戦して、国政をになわせていただくための布石であったのではないか。
 連盟からいただいた柔道着を着て、黒帯を締めたとき、そう確信しました。

 皆さんのお力を貸してください。日本の政治を必ず良い方向に変えてみせます。

             私たちのために。
             私たちの子供たちのために。  
             私たちの大切な人のために・・・。
             信じられない政治に終止符を打つ。
             そして、信じられる政治を創るために。