(JR六十谷駅前での街頭風景―写真の左側の通路は、バリアフリーの工事中なのが判りますか?)

 今朝は、JR六十谷駅前で、いつものように朝6時からの街頭宣伝活動でスタート。
 さすがに、その時間、演説はできませんから、チラシの配布をしました。8時からはハンドマイクを使っての街頭演説です。

 4年間、和歌山市内の各駅を回っていますと、いろいろな変化があります。

 六十谷駅は、春から工事中でした。今日行くと、ほぼ完成していました。バリアフリー化の工事だったのですね。

 解散が決まってから、初めての六十谷駅。通勤のお客さんの反応が、すっかり変わっていました。

 「がんばってよ!」
 「がんばれよ!」

 近づいてきて、握手までしてくださる方がいます。

 「はい!がんばります!!おおきに!ありがとうございます!」
 と、大きな声で返事をしました。

 実は、選挙に落選するまで、「ガンバレ」「ガンバリマス」は使わないようにしていました。
 うつ病の患者さんに「ガンバレ」は禁句であることを聞いてからのことです。

 むやみに「ガンバレ」では具体的ではないし、かえって無責任のような気がしたものです。
 ですから、自分の子どもにも「ガンバレ」とは言わないようにしました。そして、自分で「ガンバリマス」とは言ってきませんでした。

 具体的な言葉で、励まし、決意を語る。
 たとえば「努力する」という言い回しです。
 だって、英語に「ガンバレ」はありませんが、「努力」(effort)はあります。

 ちなみに、和英辞典の説明と違って、アメリカでは「Good luck!」と「Take it easy!」は「ガンバレ」という意味ではありません。

 しかし、4年間、落選中の候補者として必死に生きてきて、「ガンバレ」、「ガンバリマス」のほんとうの意味が判りました。

 「ガンバレ!」は

 「ガンバッテ、勝てよ!」
 「ガンバッテ、合格しろよ!」
 「ガンバッテ、幸せになれよ!」

 そういうことだったんですね。

 「ガンバリマス!」は

 「ガンバッテ、勝ちます!」 
 「ガンバッテ、合格します!」
 「ガンバッテ、幸せになります!」

 そういうことだったんですよ。

 だからこそ、今、周平は毎日、路上で叫んでいます。

 「ガンバレ ニッポン! ガンバレ ワカヤマ!」

 と。

 和歌山の皆さん!みんなで一緒に幸せになりましょう!

             私たちのために。
             私たちの子供たちのために。  
             私たちの大切な人のために・・・。
             信じられない政治に終止符を打つ。
             そして、信じられる政治を創るために。