民主党のマニフェストが発表されました。

 マニフェストには税金の無駄遣いと天下りの根絶など「5つの約束」が明記されました。また2010年度から4年間で実施する政策の優先順位と財源を示す「工程表」も盛り込まれています。

 
 さて、皆さん、気になるところは財源ですよね?
自民党もその点を叩いてきています。

 私は25年間、霞が関のど真ん中で仕事をしてきました。その中で予算の仕事は10年携わりました。

 そして内部から見てあまりのひどい状態にとうとう耐え切れなくなり、その結果、今ここに自分がいるわけです。


 自民党政権では霞が関の埋蔵金や無駄につかわれているお金が表に出にくい仕組みになっています。


 私はそれがどう隠されているかわかる人間です。民主党が政権をとれば、それを徹底的に調査することができます。
 
 
 たとえば、十五兆円の今年度補正予算の具体的な使い道が役人任せという予算が四兆円もあるんです。そして官僚の天下り先には十二兆円の税金が流れ込んでいる。

 一つ一つに≪確実に≫専門家の目で見て、きちんとメスをいれていけば、かなりの財源を確保できるはずです。

 麻生総理は、記者会見で、「民主党の財源は無責任」との趣旨の発言をされました。

 でも考えてみてください。

 この10年間で自民党政権が増やした借金は300兆円です。単純に国債を出すことで財源をまかなってきました。
 それを、総理はどう説明なさるのでしょうか?

 自民党は官僚主導の予算編成から抜けきれないから、財源がないだろうと叫んでいるのです。そして官僚は、政治家にほんとうのことは説明しません。


 それを変えることが政権交代です。

 民主党の政策を実行します。そして将来の子供たちのためにツケは残しません。必要な増税は、徹底的に無駄遣いを排除した後です。

 しっかりとした予算を組む。私は政治家としては新人ですが、中央官僚の予算の数字の意味が読み取ることができる数少ない候補だと自負しています。

(えらそうでスミマセン。。でも、全国見渡しても中央官僚の予算経験を10年した政治家はそんなにいないのです)

 そして、高速道路を数年遅らせても、介護や子育て、地方医療の充実など福祉方面にあてたいのです。景気を回復させるためにも、人はまず安心を感じなくてはいけないというのが私のモットーです。不安な人はお金を使いません。

 景気を刺激し、安心して暮らせる国にみんなで力をあわせてつくっていきたいです。

             私たちのために。
             私たちの子供たちのために。  
             私たちの大切な人のために・・・。
             信じられない政治に終止符を打つ。
             そして、信じられる政治を創るために。