(上杉隆著、「民主党政権は日本をどう変えるのか」飛鳥新社、2009年6月)

 「たちまちわかる最新時事解説」シリーズが飛鳥新社から発行されています。「食卓からまぐろが消える日」などに続いて、シリーズ4番目に上杉隆さんのこの本が出ました。

 上杉さんは、鳩山邦夫元総務大臣の秘書などを経てジャーナリストをされています。今、一番「旬な」ジャーナリストのお一人でしょう。

 この本は、無党派層の読者にあてて書かれています。民主党の政策や歴史などが、批判も含めてわかりやすく解説されています。

 そして、彼は、この本にも左右されることなく、自分で考えて投票してほしいと結んでいます。

 「支持する政党がなくても、自分の考えで、最善と思える一票を投じてください。きっと、あなたの一票で、政治が変わってくるはずです。」

 この言葉は、私が街頭演説でいつも訴えている言葉と同じです。

 上杉さんは「政権交代を繰り返すことで民主主義が成熟していくということなのです。」とも書いています。

 私が政治を志したのも、「政権交代可能な二大政党の政治」を実現することにあります。それ以外に、官僚機構を中立化し、天下り天国をストップする方法がないことに、25年間の霞が関の生活で気付いたからです。

 714円(+税)で94ページのリーフレットです。ぜひ、皆さんお読みになってください!

             私たちのために。
             私たちの子供たちのために。  
             私たちの大切な人のために・・・。
             信じられない政治に終止符を打つ。
             そして、信じられる政治を創るために。