(ホタルの光は撮れませんでした。三日月の光です!)

 今日は、真夏の陽射しでした。幸い、風が強くて、暑さはしのげましたが、街頭での直射日光は厳しいものがありました。

 顔と首筋、両腕だけが日焼けしています。

 夜は、毎年行かせていただいている「鞆淵のホタル狩り」に参加。

 去年は、あいにくの雨でしたが、それでもたくさんのホタルを見ることができました。

 今年は、絶好のお天気で、夜8時から、真っ暗やみの中で群舞するホタルを見ました。鞆淵は和歌山市内から、車で約1時間走った山の中にあります。

 水がきれいで、うっそうとした森の中、ホタルの光が星のように燦然と輝くさまはほんとうに神秘的です。しばし、陶然としてしまいました。

 写真を撮ったのですが、私のデジカメではとらえられませんでした。写真の中で光っているのは、三日月です。

 肉眼で見た時には、この黒い部分に、無数のホタルが光っていたのですが、、、(涙)。

 支援者の方の別荘(と言っても、建物はご夫婦で手造り。)が会場です。私だけではなく、大勢のお客様が招待されていて、皆さん、大感激の様子でした。

 和歌山に残るこのような素晴らしい自然を、孫子の代まで引き継いでいくことが我われの世代の責任です。

 環境を守ることの大切さを具体的に噛みしめることができました。そして、久しぶりに、大きな自然に抱かれて気分転換ができました。

 お招きいただき、心から感謝します!!

             私たちのために。
             私たちの子供たちのために。  
             私たちの大切な人のために・・・。
             信じられない政治に終止符を打つ。
             そして、信じられる政治を創るために。