(寒風の中、さわやかな街頭宣伝活動の風景です!)

 今日も一日、和歌山市内のスーパーマーケットを回りました。日が差している時はまだよいのですが、太陽が雲に隠れると、がぜん寒さが身にしみます。

 それでも、車内からの手を振ってのご声援や、歩いてきて直接「頑張れよ!」と励ましてくださる方々に力をいただきました。差し入れもいただきました。感謝です。

 さすがに、31日のスーパーマーケットはどこも混雑していました。

 公の路上で演説しますので、お店に一々ご許可をもらう筋合いではありませんが、そこは「人の道」というものがあります。必ず、事前にお店の方にごあいさつします。普通は店長さんを探して、仁義をきります。

 今日、1軒だけ、時間が押していたので、終わってからごあいさつしようと思っていたら、お店の方から先に励ましのごあいさつをいただいてしまいました。反省!してます。

 いつもいつも、スーパーマーケットの周りでウロウロしているので、ガードマンの皆さんと仲良くなれます。顔なじみなので、特に説明をしなくても、「毎度、おおきに!」と頭を下げれば、それで終わり。

 たいてい、ガードマンさんから「好きなだけ、演説やんなあよ!そやけど、いつもたいへんやね。風邪ひいたらあかんで!」と声をかけてくださいます。

 こちらも、駐車場の車の出入りの邪魔にならないよう気を使い、ガードマンさんのご厚情に報いる努力はしています。路上政治家にとって、一番たいせつな相手は、路上で一緒に働く仲間の皆さんです。

 ガードマンさんやタクシーのドライバーさんたちには、慰めてもらったり、励ましてもらったりの毎日です。決して、条件の良い勤務ではないはずなのに、皆さん、心にゆとりがあって、すごく優しいんですね。お世話になった彼らのためにも、この選挙、負けられないと思うんです。

 今年の一年、皆さんにとってはいかがでしたか?

 私にとっては、選挙がなかった上、苦しいことも難しいこともありました。だからこそ、勉強になったし、その分仲間も増えて、、、だから、素晴らしい1年でした。

 来年こそは政権交代の年にしたいですね。

 皆さん!周平と一緒に戦後初めての二大政党の政権交代の歴史をつくりましょう。

 大丈夫!私たちが力を合わせれば、何だってできます。和歌山から政権交代を!です。

 この1年、私がお世話になったすべての皆さんにお礼を申し上げます。そして、皆さん!良いお年を!

             私たちのために。
             私たちの子供たちのために。  
             私たちの大切な人のために・・・。
             信じられない政治に終止符を打つ。
             そして、信じられる政治を創るために。