今日、麻生首相は追加経済対策を発表しました。この財源5兆円には「埋蔵金」を活用することにしたそうです。その中には、クーポン券か現金かでの2兆円の給付金も含まれています。

 今回の追加経済対策の中身に対する反論は差し控えます。なぜなら、私が財務省にいた時に、まさにこのような経済対策の原案を作るのが仕事でしたから、経済政策の専門家としてオモテもウラも知りつくしています。なので、厳しい批判は簡単にできます。

 しかし、すでに新聞やテレビでも今回の対策への批判が出ていますから、控えます。たいせつなことは、「政府が必死で対応していますよ。」というメッセージを国民に送ることなのです。その意味では、今回の首相の記者会見は評価します。

 今のような危機的な経済情勢では与党も野党もないのです。「政治がきちんと責任を取りますから、国民の皆さんも頑張って乗り切ってください。」ということをきちんと示すべきなのです。

 ですから、民主党は修正すべき点はもちろん主張しながらも、金融の安定化や経済対策の法案には協力すべきです。いたずらに審議を引き伸ばすのには反対です。私が国会議員であればそんなことはさせません。はっきり言って、落選中の身の上が悔しくてなりません。

 ですが、一つだけ、今回の対策に文句を言います。財源が「埋蔵金」、つまり特別会計の積立金であることです。いわゆる「埋蔵金」があることは予算のプロである私も認めます。いわば、奥さんのへそくりのようなものです。でも、日本政府は借金も800兆円あります。

 「埋蔵金」はこの借金の返済にあてるべきお金なのです。お父ちゃんがサラ金の返済で困っていたら、奥さんは「このへそくり使ってね。」と言うに決まっています。サラ金の返済は放っておいて、「このへそくりで飲みにいってらっしゃい。」と言うはずはありません。

 追加対策で「埋蔵金」を使うのは、結局は赤字国債を5兆円出すのと同じことなのです。ですから、この点だけは批判させてもらいます!

             私たちのために。
             私たちの子供たちのために。  
             私たちの大切な人のために・・・。
             信じられない政治に終止符を打つ。
             そして、信じられる政治を創るために。