(鳩山幹事長、藤本県連代表と一緒に記者会見中の周平です。)

 今日は、民主党の鳩山由紀夫幹事長に応援のために和歌山に入っていただきました。関西空港に午前9時35分到着。周平が迎えに行きました。10時30分からは、メッサオークワ高松店前での街頭演説です。歩道からあふれるくいらい大勢の方に集まっていただくことができました。

 その後、近くの神明神社に必勝祈願をした後、堀止商店街を桃太郎。私が子供の頃は堀止交差点の今のマンションにはイズミヤがありましたから、繁盛していた商店街です。今は、すっかり人通りの少ない街になりました。商店主の皆さんのお話を鳩山幹事長はじっくりと聞いておられました。あいにく、雨が降り出しましたが、鳩山幹事長は一軒一軒お店をまわり、最後まで歩いてくれました。鳩山幹事長はハードなスケジュールで、和歌山市の後は、橋本市で阪口直人候補の応援をして、明日は大阪での応援だそうですが、実に精力的に動いていただきました。

 軽くお弁当を食べていただき、12時40分から華月殿で記者会見。衆議院第3区の候補者に関して、鳩山幹事長からは「県連とも相談しながら、擁立の方向で検討中。今しばらく、お時間をいただきたい。」とのトーンでお答えがありました。

 そして、1時からは藤本代表の司会で私が前座を勤めさせていただき、鳩山幹事長の政局講演会を開催しました。華月殿の会場に入り切れないくらい参加者が多く、街頭演説用のワイヤレスのスピーカーをエレベーターホール前に置いて、あふれた皆さんにお聞きいただきました。

 街頭演説でも華月殿でも大勢の支援者の皆さんにお集まりいただき感激です。華月殿の会場では、演説の途中で思わず泣きそうになりましたが、「今は、まだ泣けない。勝つまでは、涙はガマン。」と歯を喰いしばってこらえました。

 スタッフの皆さん!参加してくださった皆さん!どうしても仕事の都合などで来られなかった皆さん!ほんまにありがとうございました!

             私たちのために。
             私たちの子供たちのために。  
             私たちの大切な人のために・・・。
             信じられない政治に終止符を打つ。
             そして、信じられる政治を創るために。


岸本周平 公式サイト