(上野真歳さんの等身大写真とツーショット。)

 今日は、午後から和歌山の若手起業家経営者の勉強会「ネクストステージ」主催の講演会に行ってきました。写真の上野真歳さんの出版記念講演会でした。上野さんは先代から受け継いだ「地方食品卸」の将来に不安を感じ、ネットショップを皮切りに日本全国へ販路を拡大。一冬にみかんを5万箱販売するなど、地元の特産品を次々にヒット商品に変えています。

 本のタイトルは「地元にいながら都会に負けない、地方発信型ビジネスモデルの作り方」で、明日香出版社から1500円+税で本年4月から発売中です。インターネットを活用して、「地方の良さ」や「田舎の強み」をビジネスに取り入れた成功物語です。

 私も、組織力のない落選中の候補者として、お話を聞かせてもらって、たくさんのヒントをいただきました。会場は半分近くの方が他府県の若い人で、上野さんの知名度の高さや、この勉強会のすごさがよく分かりました。

 和歌山の若者は頑張っていますし、この活気があれば、絶対に未来は明るいと確信しました。資金面でのバックアップの仕組みを考えるなど、まさに人材の活躍を手助けすることも、ひょっとしたら「余計なお世話」なのかもしれません。「近頃の若いモン」恐るべし!

             私たちのために。
             私たちの子供たちのために。  
             私たちの大切な人のために・・・。
             信じられない政治に終止符を打つ。
             そして、信じられる政治を創るために。


岸本周平 公式サイト