(スピーカーを本格的に取り付けた濃紺のパッソ!)

 確かに、3連休でした。昨日の「きーやん」さんのコメントで認識しました。その意味では3連休が2週続いたんですね。年中無休の落選中候補者には感覚がピンときませんが、普通の市民(私も2年前までは、、、)にとっては家族サービスや自分の趣味に使える素晴らしいお休みです。ぜひ、エンジョイしてください。

 とは言うものの、「岸本周平後援会」の有志の皆さんには、そのお休みの日に、周平の支援活動に参加してもらいました。お集まりいただいた皆さん!有難うございます。昨日も準備のために、何人もの方にお手伝いいただきましたし、事務所のスタッフの方にも無理をお願いしていますし、政治活動は、はんまに他人様に頼ることの多い仕事です。

 今回の活動にかかわらず、いつも後援会の皆さんにはお世話をかけています。有難うございます。午前中は、有志の皆さんと街頭宣伝活動。お昼を一緒に食べながら、反省会をしました。午後は、食事会を途中で早退して、私は「一人街頭演説」に出撃!若い頃から、早飯をしつけられていたので、昼飯の「カツカレー」は5分で平らげました。

 食事会が大型ショッピングモールの中のファミレスだったので、街頭演説はその「パームシティ―」前で約1時間。場所を移動して、同じくショッピングモールの「オーストリート」前でも約1時間。小雨の中、のぼり旗を立てて、元気良く演説しました。

 通りかかる自動車の中から手を振ってくれる方や、クラクションで合図してくれますと、ますます元気が出ます。今日は小学生や中学生の声援が特に多かったので、有難かったですね。よく、「子どもに声をかけられても馬鹿にされてるような気がしませんか?」と聞かれます。

 でも、まずそんな気はしません。「何かしら一生懸命やってるオジサンに、子どもながら感動してくれて、、、」それで、いろいろ反応してくれてるんやないかと、、そこは前向きに、心底そう思っています。

 演説は、幸福を呼ぶ濃紺のパッソに付けたスピーカーを使います。写真のように、ゴムでくくりつけた状態を改善し、きちんとセットしましたので、本格的「街宣車」として活躍中です。