(中華そば丸田屋にて、代表の丸田征吾さんと記念撮影。)

 和歌山市内は、飲食店の競争の激しいところです。東京に比べてもおいしくて雰囲気の良いお店がたくさんありますし、何より、値段が半分くらいの感覚ですから、勝ち残るのはたいへんだと思います。

 そんな中で、中心屋の斉藤忠孝さんをはじめ、30代の素晴らしい経営者にお目にかかることが多かったのですが、今日は、20代の経営者に出会いました。中華そばの丸田屋を経営する丸田征吾さんです。26歳で、すでに岩出市と和歌山市内の次郎丸に2軒のお店を持っておられます。どちらも、行列のできるお店です。

 全国的に有名なあの「井出商店」で修行され、同じく井出系の「丸三」の大将が一目置く若手です。私が和歌山ラーメンにちょっとうるさいのは、中華そばの麺を作っている老舗に同級生がいるからです。どちらのお店も私の同級生の作る麺を使用しているとのことです。同じ和歌山ラーメンでも麺には7種類くらいのバリエーションがあるそうです。

 今日は、その同級生と、私の支援者で彼もまたまた30代ですが、めちゃくちゃ仕事のできる友人に、共通の知り合いである丸田さんを紹介してもらいました。写真でみていただくようにキラキラ光る目と素敵な面構えをしています。少し話をさせてもらっただけでも、商売にかけるまじめな姿勢がよく判りました。「ほんまもん」の経営者です。女性に気持ちよく食べてもらうというコンセプトにこだわっているそうです。そうすると、我われのようなおじさんもやって来るんですね。

 私は、丸田さんの倍近い年令ですが、恥ずかしい限りです。「近頃の若いもん」はすごいなあと素直に思いました。丸田さんのような若者が和歌山で活躍しているんですから、何とか、突破口は開けるんではないか!確信を持っています。

 ちなみに、丸田屋さんのラーメンは麺もスープもいままでにない組み合わせで、抜群のおいしさでした。これは、でも個人の好みがありますから、ブログを読まれた方はぜひ、ご自分で試してください。