(岡田克也さんが来るまでとの使命を帯びて演説をしている周平)

 昨日は、朝6時45分から南海和歌山市駅で街頭演説。いつもと同じようですが、昨日は阪口直人さんや民主党の仲間と一緒でした。そして、みんなでビラを配りました。夕方にも、5時半から1時間、JR和歌山駅前で、民主党の仲間とビラ配り。主に、今日の夕方の街頭演説会の広報ビラです。

 そして、本日午後6時からJR和歌山駅前の路上で、民主党元代表の岡田克也衆議院議員を迎えて、街頭演説会が行われました。5時半には、セットを終え、30分間、客寄せのために周平がマイクを握ってしゃべりました。年金問題が中心テーマです。

 6時からは、連合の村上正次会長、県会議員の藤本まり子さん、そして再び私がマイクを握りました。岡田議員は関西空港から直行なのですが、飛行機が遅れており、周平が時間調整をやれということで、長々としゃべらざるを得ませんでした。阪口直人さんが自転車で駆けつけてくれたので、途中でバトンタッチ。そして直人さんの演説中に、岡田議員も間に合いました。

 最後は岡田さんの演説で締めくくりました。岡田さんは、15年前にカンボジアで当時ボランテアで来ていた直人さんに出会ったエピソードを披露してくれました。銃弾の下をかいくぐってきた直人さんの勇気をほめていただきました。

 動員力のない私たちなのですが、今日はさすがに大勢の人が聞いてくれました。新聞広告も効果があったようです。そして、通勤途中のサラリーマンの皆さんも、足を止めて、聞いて下さる方が多かったです。やはり、住民税の大幅な増税や、年金の問題が響いてるようです。

 やはり、演説は聴衆が多い方がやりがいがあります。今日は、近鉄百貨店前が人が通行できないほどの人出だったので、私も盛り上がってしまいました。明日の朝、7時からJR和歌山駅前で早朝の街頭演説をします。岡田さんも7時半から一緒に立ってくれます。今日、岡田さんを見られなかった方は明日の朝、JR和歌山駅前にお越しください。生の岡田克也さんが見られますよ!