昨日は午後から、エンジンゼロワン文化戦略会議の幹事会で上京。今朝は朝から、慶応大学の島田晴雄教授の主催する「島田塾」の幹事会に出て、今から和歌山に帰ります。1泊2日の効率のよい上京になりました。

 東京時代から、多くの勉強会の幹事をしていましたが、今は、なかなか参加できません。それでも、今回のように、最短の時間で効率よく参加できる機会があれば、極力顔を出すようにしています。和歌山での日々の政治活動は最重要ですが、せっかく、これまで築いてきた人脈と情報源を維持することも私の政治的な財産だと考えるからです。

 文化戦略会議は作曲家の三枝成章さんが幹事長で、幹事には林真理子さんや、吉村作治早稲田大学教授などの仲間が大勢いるので、顔を合わせるのが楽しみです。昨日も、林さんからは「岸本さん、また民主党から衆議院選挙に出るの?たいへんねえ。」と励ましてもらいました。林さんには、昨年の選挙で推薦はがきの推薦人になってもらったので、次回は勝たないと申し訳ない限りです。

 島田塾はオーナー系の経営者が170人くらいメンバーの勉強会です。私も講師を何回かさせてもらいました。幹事にはHISの澤田秀雄会長、評論家の山崎養世さんなど多士済々で、島田先生を筆頭に経済や金融の最先端の情報がもらえます。

 和歌山での日々の政治活動に加えて、最新の情報で理論武装して、パワーアップをしていきます。自分の得意な分野なので、議論をしていると元気が出ます。メンバーからは、「岸本さんは苦労しているせいか、顔が修行中の坊さんみたいになってきたね。」とからかわれながら、楽しい時間を過ごせました。

 このパワーを和歌山に持って帰ります。