今日は、私がコ−ディネーター役を務めている「LINKS和歌山」という名前の勉強会の第4回目の会合が開かれました。場所は和歌山市内の「ビッグ愛」でした。10年来の友人のビズネット(株)社長の中嶋正光さんが講師で来和してくださり、楽しいお話しの中にもビジネスのヒントになる内容の濃い勉強会になりました。
 中嶋さんは、昭和20年に兵庫県でお生まれになって、甲南大学をご卒業。学生時代からラグビーの選手でした。(株)内田洋行でご活躍の後、プラス(株)で、ビズネットの事業を立ち上げられました。文房具のカタログ販売で有名なアスクル(株)は兄弟会社です。ビズネットは文房具のカタログ販売がアスクルをはじめFAX中心の時代に、すでにWEBによる独自のコンピュータシステムを構築し、購買業務全体のアウトソーシングを武器に成長してきました。2005年の8月にジャスダック市場に上場を果たされています。
 中嶋さんのお話は、ITの技術的な難しいものではなく、ハイテクとローテクを融合させた素晴らしいビジネスモデルを中心とするものでした。たとえば、台風や地震が発生したら、お得意先に被害に合った商品がないかファックスで聞くそうです。ファックスが届かない場合は、大変な被害が想定されるので、すぐに社員にお見舞いの品や水、食料品などを持たせて派遣。ファックスで返事が来たら、被害に合った商品と同じものを持って、社員が翌朝一番に現地に入るんだそうです。これには聴衆の皆さんも私も感心しました。
 中嶋さんが一番大切にしていることは「社長自らお客様のクレームを耳にすること。そして、できればその日のうちに、遅くとも翌朝一番で処理をすること。」だそうです。そのために、ワンフロアの本社オフィスの役員室には壁がなく、植木が数個置かれた真ん中に丸いテーブルがあって、3人の役員はフリーアドレスで座っているとのこと。私は実際、会社を訪問させていただいていたので、その自由な雰囲気はよくわかりました。
 約1時間のご講演の後、私と二人で座って、私や会場からの質問にお答え頂き、あっという間の2時間でした。会場には甲南大学時代の同級生という方や、同窓生の方も大勢来ておられ、終了後和気藹々の名刺交換会も自然発生しました。学生時代の中嶋さんが同級生の方の実家に住所を移して、和歌山県の自動車免許を飛び入り受験で獲得したお話も出て、ほんとうに温かい会合になりました。
 中嶋さん、ご参加くださった皆さん、ほんとうに有難うございました。