衆議院議員 岸本周平 Shuhei Kisimoto Official Website

2014年07月

ホワイトカラー・エグゼンプションとは何か?

(濱口桂一郎著、「日本の雇用と中高年」、ちくま新書、2014年5月)

「ホワイトカラー・エクゼンプション」とは、何か?


 これは、管理職でない、ある一定のサラリーマンに残業代を払わない制度のことです。

 労働省出身の濱口桂一郎先生の説明では、中高年の人件費対策としての残業代カットのことです。

 つまり、ある時期までは、日本の企業は管理職手当ありで残業代ゼロの本来の「管理職」になれない中高年を「スタッフ職」として管理職手当を出して処遇できていました。

 しかし、90年代以降、そのようなゆとりが無くなったものですから、スタッフ職も管理職待遇ではなく、残業代支給の対象になってきました。この残業代の負担を減らすことが、企業の課題になってきたのです。

 ところが、2007年に、「ホワイトカラー・エクゼンプション」の法案を政府が提案した時に、本来、中高年の残業代を減らす話からスタートしたのに、政府の説明が、「自立的な働き方」だとか、「ワークライフバランスが良くなる」などと実態を反映していなかったので、つぶれたわけです。

 安倍内閣の政策は、いつでも、説明の仕方や表現と中身が大きくかけ離れています。「ホワイトカラーエクゼンプション」も、その典型的な例です。私も、秋の臨時国会では、しっかりと追及します。

 一方、濱口桂一郎先生の「日本の雇用と中高年」(ちくま新書、2014年5月)を読むと、戦後の日本の労働政策の変化が判りやすく書かれています。

 1960年代までは、欧米型の「ジョブ型(職務給)社会」を目指していたのですが、石油危機の70年代以降、「職務の限定のない雇用契約」を特色とする「日本型雇用」が肯定されるようになりました。

 その中で、「同一価値労働、同一賃金」の原則は放棄され、年功序列賃金や家族手当など、中高年になれば支出が増える家計を企業がサポートするようになりました。

 80年代以降、「ジャパン・アズ・ナンバー1」などと、日本型の経営方法がほめそやされる中、「日本型雇用」も反省されること無く続きました。

 ヨーローッパでは、あくまでも「同一価値労働、同一賃金」を原則に、家計支出の増加には子ども手当など社会保障で政府が手当しています。

 正規の職員間ですら「同一価値労働、同一賃金」の哲学が無かった日本に、非正規雇用に対して「同一価値労働、同一賃金」を適用するのは難しいのかもしれません。

 また、今、企業が家計を支援できなくなっているにもかかわらず、政府の社会保障施策が遅れていることが、いろんなところで「貧困」問題を生んでいるように思います。

 また、日本でも一時期、定年制は年齢による差別なので廃止すべきだという動きがありましたが、その後、定年制延長、継続雇用などによる方向に動いています。これが、本当に中高年の雇用の保障になるのかは疑問です。

 多くの先進国では、定年制は、年齢による差別なので違法だとされています。

 一律の規制よりも、個人の多様性に基づく柔軟な制度が望まれます。

 もう一度、「同一価値労働、同一賃金」のジョブ型(職務給)社会を目指し、非正規雇用や中高年の雇用改善への挑戦をすべきではないでしょうか。そのためにも、社会保障改革は避けては通れない考えます。

民主党が自民党に学ぶべきこと!ーその2

(後藤謙次著「崩壊する55年体制」 (ドキュメント 平成政治史 第1巻」、岩波書店、2014年4月)

 自民党に学ぶことの二つ目は、何と言っても、政権へのあくなき執念です。

 前回ご紹介した「自民党政治の変容」は中北浩爾先生という政治学者のご著書でしたが、共同通信社の政治部記者歴32年のベテランジャーナリスト後藤謙次さんの「崩壊する55年体制 」(ドキュメント 平成政治史 第1巻」、岩波書店、2014年4月)には政界の生々しい権力闘争の姿が描かれています。

 本書は竹下内閣から始まり、橋本内閣までが取り上げられていますが、細川内閣、羽田内閣と自民党が下野した段階から、自社さ連立の村山内閣が誕生するまでの政治ドラマが参考になります。

 その間、中選挙区から小選挙区比例代表並立制の選挙制度改革が実現して行く過程もあり、手に汗握る権力の争奪ゲームが行われました。

 後藤さんの膨大な取材メモや取材記録からの政治家の肉声が心に響きます。

 私は、当時、霞ヶ関から永田町を見ており、場面、場面でいろんな政治家の身近にもいましたが、やはり、霞ヶ関の一官僚としては、政治のダイナミズムはわかっていませんでしたね。

 自社さ政権ができていく背景には、中北先生の言う自民党のリベラル化がありましたが、何より、政治家同士の人間的な関係が推進力になった過程が、後藤さんの筆により、ビビッドに描かれています。

 「自社の国対委員長同士として信頼関係を確立していた村山富市と梶山静六」、「若き警察官僚として鳥取県に赴任した亀井静香と当時の鳥取県議だった、、野坂浩賢」などのパイプがあっての自社さ政権樹立でした。

 その反対側には、二つの非自民政権を支えた小沢一郎の政治手腕の具体的な成功と失敗の歴史もありました。

 結局、当時の政治改革派、細川、羽田政権側よりも、守旧派と目された自民党の方が、政権への執念が勝っていたということではないでしょうか。

 2009年に政権を取った民主党には、その執念が希薄であったと思います。政権交代を本気で目指していたことに疑いはありません。しかし、ある意味、自民党の自滅のような形で転がり込んできた政権だったので、与党としての政治権力への飽くなき執着心が欠けていたようです。

 また、当時はめまぐるしい政党の離合集散が行われていました。

 さきがけ、日本新党、新生党、新進党くらいは、まだ大勢の方が覚えておられるでしょうが、新党友愛、フロムファイブ、国民の声、太陽党、民政党などは誰も覚えていないはずです。

 その後、1998年に、それらの流れが一本化され、今の民主党につながっていきました。

 現在の民主党の幹部には、当時、これらの離合集散の過程に身を置いて、修羅場をくぐってきた経験者がたくさんいます。

 今、野党再編が取りざたされていますが、およそ理念が異なる政党同士が一緒になることは私には理解できません。

 しかし、当時の政党再編の時代を生き延びてきた先輩議員の方々が、一条の光を求めて可能性のゲームに言及されることにシンパシーを感じることはできます。

 私自身は、民主中道、穏健保守の立場で動かず、右往左往するつもりはありません。しかし、確かに、政治は可能性のゲームです。後藤さんの「崩壊する55年体制」には多くを教えていただきました。ドキュメント平成政治史の第2巻、第3巻を読むのが楽しみです。

民主党が自民党に学ぶべきこと!

(中北浩爾著「自民党政治の変容」、NHKブックス、2014年)

 一橋大学の中北浩爾教授の近著「自民党政治の変容」(NHKブックス、2014年5月)は示唆に富む本です。

 今、私は民主党の「党改革創生会議」の実務作業チームで仕事をしています。

 今、どん底の政党を立て直すにはどうすれば良いのか、日々、悩みながら活動しています。

 このブログでも書き続けているように、私は、民主中道、穏健なリベラル保守の理念を民主党に植え付けることでしか再生は不可能だと考えています。

 中北教授の「自民党政治の変容」によれば、1955年の結党以来、自民党はその理念と組織を作り変えてきました。

 特に、党の近代化と利益誘導政治からの脱却を目指す中で、小選挙区の導入が結党以来の一つの重要課題でした。英国の保守党のような組織政党を目指し、鳩山内閣、田中内閣が挑戦しましたが、失敗しています。

 また、その間、常に右派とリベラル派の路線対立が繰り返されてきました。

 まず、右派の岸信介、福田赳夫とリベラル派の三木武夫の対立の後は、大平正芳がリベラル派の「日本型多元主義」をかかげ主流になります。

 そして、皮肉なことに、右派とみられる中曽根康弘時代に、自民党としてはリベラル派全盛の時代を迎えることになりました。

 当時、中曽根総理のブレーンであった香山健一学習院大学教授は、中曽根総理への建策の中で、「我が国社会の一部に存在する右翼的勢力―それは第一に戦争と侵略への深い反省がなく、第二に日本の国体、精神文化の伝統について全く誤った、ゆがんだ固定観念に凝り固まっており、第三に国際的視野も、歴史への責任感も欠いております。こうした愚かしい右翼の存在と二重写しにされることは馬鹿馬鹿しいことだと思います。」と訴えました。

 その結果、中曽根総理は二回目の靖国神社公式参拝を中止しました。中曽根総理は、「右バネがはね上がってはならぬ、左の過激派が跳梁してはならぬ、われわれは中庸の道を行く」と発言しています。

 これが、自民党が最盛期を迎える1980年代に起こったことです。

 そして、細川政権による野党転落を経て、自社さ政権ができるのは、その底流にリベラル派の活発な動きがあったからです。

 当時の自民党は、結党以来の「自主憲法制定」の旗を事実上降ろすまで、後藤田正晴党基本問題調査会長を筆頭に、野中広務代議士、加藤紘一代議士などリベラル派が台頭していました。だからこそ、社会党と連立政権が組めたのです。

 しかし、その後、1998年以降、反小沢の保守系グループなどと合流した民主党が二大政党の一角を占めるようになるに連れ、自民党は戦略的に右傾化していきます。

 小泉政権は「新自由主義」と「右派」との結合はできませんでしたが、結果的に、2005年の郵政解散で圧倒的な勝利をおさめます。この頃は、それでもまだ、自民党の中のリベラル派は影響力を残していました。

 2009年に政権を失ってからは、右派の力がますます強くなり、2005年の微温的な憲法改正草案を右派的な色彩の強い復古的なものに変えたのが2012年の4月です。その決定を下したのが、リベラルの系譜につながる谷垣禎一総裁であったことも、中曽根総理との対比では皮肉なことでした。

 そして、今の安倍内閣の先祖返りした右派路線が出来上がりました。

 自民党は長年の党の歴史の中で、このように右派とリベラル派のダイナミックなスイングを繰り返して生き延びてきました。

 これから、私たち民主党の立つべき位置は明確です。後藤田会長が「リベラルは新しい保守だと思うな。」と言い切り、護憲政党に回った時代の自民党のような、明快なリベラルのポジションを取るべきです。

 この立ち位置こそ、穏健保守からリベラルまでを含む「民主中道」の再結集を進める唯一の道です。

 民主党の同志の皆さん、応援して下さる仲間の皆さん、いつまでも、意気消沈している場合ではありません。

七夕祭り

(広瀬小学校七夕まつりで、壮年会のメンバーと。)

 子どもの頃、彦星と織姫さまが年に一度のデートをする、ロマンティックな七夕祭りは楽しみでした。

 和歌山市内でも、いろんな場所で七夕祭りが行われています。

 私は、毎年、母校の広瀬小学校の七夕祭りに参加。地域の各種団体が、おでんや金魚すくいなどの屋台を出します。私の所属する「広瀬壮年会」は、いつも「かき氷」。

 私も氷をつくっていたのですが、「周平さんは、氷をギューギュー詰めにするので、もうだめよ。」と、今は触らせてもらえず、、、涙。

 会場の体育館の仲は、蒸し暑いので、この時期、一杯100円のかき氷は飛ぶように売れます。けっこう利益率の高い商品です、、、苦笑。

 収益金は、秋のバスツアーなどの一部に充てますので、みんな必死で頑張ります。

 広瀬の七夕祭りは、校庭での花火の打ち上げで閉めます。今年は雨でしたが、花火は決行!

 その後は、「打上げ」で一杯飲むのが楽しみ。子どもよりも大人が楽しんでいるようです。

(保育園での七夕祭り)

 上の写真は、和歌山市内の保育園での七夕祭り。

 園児の数より、保護者(おじいさん、おばあさん含む)の数の方が圧倒的に多いのが、少子高齢化の今の世の中。皆さん、写真や動画を撮るのに夢中です。

 子どもたちは、いつでも元気にはしゃいでいます。小さな子どもたちの声には癒されますね。

 子育ての行いやすい社会を一日も早くつくらねばならないし、子どもの貧困にも対応しなければ。政治かとして、やるべきことを根気よく、こつこつと積み重ねていきます。


(一杯100円のかき氷)

NPOへの寄付金税制を守るために!

(NPOとの意見交換会で挨拶する岸本周平。)

 今日は、地元和歌山でNPOとの意見交換会。主催は民主党和歌山県連です。

 ゲストは子ども劇場全国センター代表理事の高比良正司さんと民主党NPO局長の辻本清美代議士。

 12のNPO団体の皆さんが集まってくださり、認定NPO法人の制度改正へのご要望や、ご意見をいただきました。活発な討論会になって良かったです。

 私は超党派のNPO議員連盟の事務局長として、来年度の法律改正の条文を練っているところです。今日うかがったご意見は十分に参考にさせていただきます。

(左から高比良正司さん、辻本清美さん、岸本周平。)

 民主党は政権当時、「新しい公共」という考え方で、NPO活動やボランティアによる社会の質を変える政策を推進しました。

 一方で、日本のNPO法人は、政治とは関わらないという姿勢が一般的です。

 今日の会議でも、政党の主催であるということに、違和感を感じるとのご意見もありました。

 NPO活動が盛んな米国では、NPO法人と言えども、積極的に政治に参加し、ロビー活動もします。

 どの政党の会合でも、NPOの皆さんがどんどん出かけて、自分たちの利益のために堂々と発言すべきだと思います。

 そのご意見を聞いて、私たちは超党派のNPO議員連盟で活動を集約していきます。むしろ、NPO活動に理解のない政治家のところにも押しかけていただき、その方々をNPOシンパにすべきではないでしょうか。

 
 と言うのも、、、、、2年前につくった、寄付金の半額が税額控除されるという寄付金税制をつくりました。この素晴らしい税制は、まさに、これから利用されるところです。

 ところが、今、利用者が少ないからとか、大企業の法人税減税の財源とするなどの理由で、安倍内閣がこの税制を廃止、縮小しようとしています。

 今日も、そのことへのNPOの皆さんの不安の声がとても多かったです、

 何とか、自民、公明の与党議員も巻き込んで、超党派で阻止したいと思います。私たちも頑張りますが、NPOの皆さんも、地元の政治家にロビー活動をしかけてください。

 党派は関係ないですから、一緒に戦いましょう!よろしくお願い申し上げます!

月別アーカイブ
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード