衆議院議員 岸本周平 Shuhei Kisimoto Official Website

2013年01月

柔道の寒稽古


(藤村茂記念柔道会館での寒稽古)

 今朝は、雨の中、午前6時に藤村茂記念柔道会館に行きました。

 和歌山県柔道連盟の寒稽古が午前6時半から8時まであります。今日が三日間の寒稽古の最終日。

 浪人中から、毎年、最終日に参加させてもらっています。

 浪人中は、この道場の振勇義館で少年柔道の指導をしていました。

 現職になってからは、平日に道場に行くことは難しく、寒稽古で子ども達と柔道をするのが楽しみです。


(寒稽古に参加した小学生と記念撮影)

 普段、身体を動かす機会が少ないので、小学生相手でも、真剣に稽古していると、けっこういい汗をかきます。

 明日は、筋肉痛覚悟です。(本当は、明後日が筋肉痛のピークなのですが、、、笑。)

 私も少年柔道出身で、当時の藤村道場に小学1年生から中学3年生まで通っていました。

 柔道は強くありませんでしたが、9年間連続寒稽古皆勤賞をもらったことが自慢です。

 師匠の藤村茂先生にも、生前、そのことは誉めていただきました。


(和歌山県柔道連盟の指導者の皆さんと参加の高校生とで記念撮影)

 今の子ども達も、驚くほど素直で、元気でまじめです。柔道を通じて、未来のある子ども達と触れあえることは、私にとって財産です。

 柔道連盟の谷口久雄会長をはじめ、指導者の先生方との交流も素晴らしい経験です。

 2016年のわかやま国体に向けて、柔道連盟顧問としてできる限りの貢献をしたいと考えています。

                    私たちのために。
                    私たちの子どもたちのために。  
                    私たちの大切な人のために・・・。
                    信じられない政治に終止符を打つ。 

消防出初式


(消防出初め式で挨拶をする岸本周平)

 今日は、和歌山市の消防出初め式。

 お正月の恒例行事です。消防局からの266人、消防団からの1273人に加え、医師会、民間救援隊、虎伏災害救援隊、婦人防火クラブ、事業所自衛消防隊、幼年消防クラブの参加もあって、総数2527人が参加されました。

 私は、今年で4回目の出席。浪人時代は、式典会場には入れませんから、会場の和歌山城公園の入り口で立礼していました。

 今は、来賓であいさつをさせていただきますが、やはり、開式前の立礼と退場の際のお見送りには立たせていただいています。

 経験上、1月とは言え、えべっさん同様に出初め式は寒い日が多いです。

 ホカロンを身体中に貼って、背広の上からお手製の消防法被を着ても、寒さにはかないません。

 和歌山市長による式辞や観閲、来賓祝辞の後で、救助訓練や幼年消防クラブの音楽演奏。そして、消防車を先頭に分列行進をして、約1時間半の式典が終わります。

 その後は、和歌山城のお堀で放水演技です。






 寒い中を1時間半も立っている、消防団や防火婦人クラブの皆さんはたいへんです。

 したがって、来賓挨拶は短いほど歓迎されます。

 「謹賀新年!明けましておめでとうございます!衆議院議員 岸本周平。」以上。



 昨年は特別国会があって、年末の消防団特別警戒の巡視に参加できませんでした。消防団、婦人防火クラブの皆さま、お疲れさまでした。本年も、和歌山市民の安心と安全をお守りください。

                    私たちのために。
                    私たちの子どもたちのために。  
                    私たちの大切な人のために・・・。
                    信じられない政治に終止符を打つ。 

和歌山のお正月


(越川昌子先生の初釜風景)

 早いもので、新年になって約2週間が経ちました。

 国会が招集されるまで、毎年、和歌山のお正月を堪能します。

 今年は、月末の国会招集ですが、予算委員会の準備などもあって、来週15日から、上京。

 予算の越年編成のため、国会召集は例年よりも1週間遅れます。残念ながら野党として迎える予算編成なので、あまり出番はありません。

 党税調の役員として、三党協議に関わるのが主な仕事ですが、予算委員に選ばれましたので、質問の準備などもあります。



(和歌山児童合唱団の餅つき大会)

 お正月は、元日は皇居に。二日、三日は日前宮での立礼。九日、十日のえべっさんは水門吹上神社での立礼。これは恒例の日程。

 その間、連合和歌山をはじめ、労働組合などの旗開き。経済団体や企業の新年会。

 和歌山児童合唱団などの餅つき。お茶の初釜などなどです。

 例年通り、一つ一つ参加しながら、新年のよろこびをかみしめています。

 表千家の越川昌子先生の初釜は今年で最後だとお聞きし、何とか駆けつけました。

 和歌山でも古いお家柄で、お茶のお道具も由緒あるものばかり。それで、硬苦しいお茶席かというと、まったく逆です。

 越川先生のユーモアたっぷりのご性格もあって、達人であるが故に些事にはかまわないおおらかな楽しいお茶会となります。

 今年も、参加者でお腹の底から笑いながら、愉快な初釜となりました。ありがとうございました。

 明日は、消防出初め式。明後日の柔道寒稽古です。これで、岸本周平のお正月の行事は無事終わります。

                    私たちのために。
                    私たちの子どもたちのために。  
                    私たちの大切な人のために・・・。
                    信じられない政治に終止符を打つ。 

えべっさん


(水門吹上神社)

 1月9日は宵えびす、10日は本えびすです。

 浪人中から、毎年、この二日間は和歌山市内の水門吹上神社の門前に立たせていただいています。

 今年も、お昼ごろから午後10時前まで立たせていただきました。

 9日は暖かかったのですが、今日10日は寒い一日でした。

 今年は自転車で移動しましたので、ママチャリのかごにいっぱいの差し入れをいただきました。天津甘栗、タイ焼き、ステーキ串、ホットの缶コーヒー各種、飴、縁起物の熊手などなど、、、。

 いつも立っている前には雄湊婦人会と砂山婦人会の飴売りの屋台が出ます。暖かいコーヒーやお茶の差し入れもいただきました。

 本当に有難うございました。


(水門吹上神社門前のにぎわい)

 毎度のことなのですが、夕方には新年会があったり、松江春日神社のえべっさんにも顔を出したりしますので、少しの間、「席」を空けます(!?)。

 その間に、お参りに来られた方々からは、後で、「何や、今年はいてなかったやんか。のぼり旗だけ置いてあったで。」とお叱りを受けます。

 しかし、そこはまあ、身体は一つなので、お許しをいただきますようお願いいたします。 


(水門吹上神社の鳥居)

 
 宵えびすよりも本えびすの方が人出が多かったように思います。

 善男善女が、景気が回復して商売が繁盛しますようにとお祈りするのです。

 門前に立っていても、景気回復への熱い思いが伝わってきました。

 今月末からの通常国会で、健全野党の責任を果たしてまいります。

                    私たちのために。
                    私たちの子どもたちのために。  
                    私たちの大切な人のために・・・。
                    信じられない政治に終止符を打つ。 
 

ウオーキング同好会の初歩き


(ウオーキング同好会の初歩きの出発は日前宮)

 今年初めての日曜日。

 私は、和歌山市内のウオーキング同好会の初歩きに参加。これも毎年恒例です。

 ついこの間まで、私が立礼をしていた日前宮を午前8時に出発。

 途中、竃山神社、玉津島神社を経て、和歌浦天満宮まで、マイペースで歩きます。約2万歩のコースでした。


(竈山神社の様子)

 その後は、午前11時半から和歌浦の料理旅館で新年会。

 それが楽しみで毎年通っています(笑)。

 昨日の寒さに比べると、ポカポカ陽気の暖かい一日でしたね。

 この会の平均年齢は70歳の同好会ですが、一緒に歩いた皆さん、特に女性陣は本当にパワフルで明るい素敵な皆さんでした。

 このパワーにあやかって、今年も頑張ります。

                    私たちのために。
                    私たちの子どもたちのために。  
                    私たちの大切な人のために・・・。
                    信じられない政治に終止符を打つ。 
 
月別アーカイブ
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード