衆議院議員 岸本周平 Shuhei Kisimoto Official Website

2007年12月

西浜の事務所


 (西浜の新事務所の写真です。これが完成バージョンです。撮影:岸本周平)

 今日は、3連休明けのJR和歌山駅東口で午前6時15分から街頭演説を開始。ボランティアの仲間も三々五々集まってくださり、にぎやかな街頭宣伝活動になりました。いつも参加している和歌山市議会議員の山本ただすけ民主党青年局長はボランティアとは言えないかもしれません。29歳とは言え、職業政治家ですからね。彼は年末のスーパーマーケットめぐりにも付き合ってくれます。

 日中は、支援者のお一人の引き回し。そんな中でも、飛び込みのローラーのような場面があって、ハラハラドキドキの楽しい引き回しでした。情熱の伝わる引き回しは最高です!おおきに!!

 お昼ご飯は、神前の相撲料理「力」の「ちゃんこ定食」をその方にご馳走になりました。寒い中の引き回しでしたので、身体が温まりました。ご馳走さまでした。最近の周平はいつも「ごちそうさま」の生活です。

 この3連休中も周平には休むヒマはありません。朝から晩まで走り回りました。短時間の東京日帰りもありました。さすがに、少しへばってきましたが、夜は待ってくれません。今日25日から31日までの1週間、和歌山市内の消防団の各分団では年末恒例の夜警です。寒い中、夜中まで「火の用心!カチカチ」と拍子木を鳴らしてパトロールをしていただいています。

 今日は地元広瀬の消防団を中心にご近所の親しい消防団分団にあいさつに回りました。今晩は、そうとう冷えてきました。私は朝の寒さには慣れていますが、夜の寒さはまた違います。「今晩は冷えて来ましたねえ。」との私のあいさつにも、分団長さん方は「いやあ、今晩は風がないから、まだましですよ!」とくったくがありません。一本取られました。

 しかし、このような市民の草の根のボランティア活動が火事を事前に防ぐことにどれだけ役に立っているのか、今日は現場を見せていただいて腹にしかっと入りました。しかも、忘年会シーズンの今週一杯、夜遅くまで、お酒も飲まずに頑張っていただいています。

 昔は、一杯飲みながらの風物詩だったそうですが、今は、最終日の大晦日にパトロールが終わって乾杯するだけだそうです。和歌山の市民パワーの一端に触れた思いです。消防団の皆さん!お疲れさまです!!

 

嵐山吉兆のオーナーシェフ徳岡邦夫さん


(嵐山吉兆のオーナーシェフ徳岡邦夫さんとアンシェ―ヌの田中利昭シェフと記念撮影)

 今日も朝から走りまくりです。ただ、雨が降っていましたので、午後の街頭演説は中止でした。夏なら、雨でも街頭演説をするのですが、冬だと風邪をひく可能性が高いので、さすがに自重します。

 そんな中で、支援者のお宅を回っていましたら、友人の「京都嵐山吉兆」オーナーシェフ徳岡邦夫さんから、携帯に電話が入りました。「周平さん!今、和歌山に居るんですけど、お昼ご飯食べるお店紹介してくれませんか?」ということでした。

 1時頃だったので、私はすでにお昼ご飯はいただいています。京都嵐山吉兆のシェフですから、日本料理のお店を紹介するわけにもいきません。地中海料理の「アンシェ―ヌ」は田中シェフが志摩観光ホテルで修行された方なので、推薦しました。

 徳岡さんは、地域起こしを食文化でしかけています。地元の食材を使うお洒落なレストランを紹介して、インターネットやテレビなどで応援するプロジェクトだそうです。わざわざ、和歌山に来ていただいて感動しました。

 周平からは、「和歌山は食材も良いし、30代の若手の飲食店経営者の元気が良いので、おすすめです。」とのことをしつこく言っておきました。徳岡さんの吉兆は京都なので、今問題を起こしている大阪の「船場吉兆」とは違います。それでも、たいへんな1年となったと思います。

 徳岡邦夫さん!今日は和歌山に来て、岸本周平を思い出してくれて、おおきにやで!!
 

和歌浦湾の朝日


   (ホテル萬波からながめる和歌浦湾の朝日:撮影岸本周平)

 今朝は、毎月一回の朝食勉強会「七三会」の日です。会場は「ホテル萬波」で会議の前に、温泉にも入れます。周平は少しでも眠りたいのでパス。いつも7時半の開始時間にすべりこみます。

 雑賀崎からの夕日は何度もこのブログに登場しましたが、和歌浦湾の朝日は初めてではないでしょうか。きれいですね。フランスのニースに絶対に負けていないと思います。

 トヨタ自動車はカリフォルニアやニースにデザインセンターを持っています。和歌浦なら、風光明媚さでひけをとりませんし、創造的な仕事に向いています。何とか、自動車のデザインセンターやITセンターを和歌浦に誘致するために、頑張りたいと思います。

真冬の街頭演説

 周平のブログはできる限り毎日書くようにしています。たまに書けない日があるのは忙しすぎる時です。でも、昨日書けなかった理由は、珍しく落ち込んだからなのです。

 昨日の朝は、6時半からJR和歌山駅前での街頭演説の日です。しかも、チラシを配ることになっていましたので、ボランティアの方々も参加することになっていました。私はいつも一人で街頭演説をしていますが、どなたかが参加してくださる日には、約束の時間の30分前には行くようにしています。

 ですから、前の晩に目覚まし時計のアラームを5時にセットして寝ました。6時には和歌山駅に行きたかったのです。周平はメチャンコ寝つきが良いんです。布団に入って2秒で眠ってしまいます。たまたまその時は眠りが浅くて、1時頃に目がさめました。

 時計を確認して、その後4時間も寝られると幸せな気分でウトウトしました。次に目がさめた時に時計を見たら3時半です。まだ1時間半も寝られる!幸せですよね。次に目がさめたら、やっぱりまだ3時半でした。でも、窓の外は明るいではありませんか!「おっ!寝過ごした!」目覚まし時計の電池が切れていたんですね。

 大急ぎで飛び起きて、顔を洗って、歯をみがいて車に飛び乗りました。奇跡的に7時20分に駅に到着。すでに、ボランティアの皆さんが4,5人チラシを配っていただいていました。「ヤバイ!」皆さんの顔つきが「遅刻した周平」に対して、冷たいように見えたのは気のせいでしょうか?

 ただ一人、事務所スタッフの平井ちゃんだけは、うれしそうにニヤッと笑ってくれました。「ほー!周平さんもあかん日があるんやなあ!」そんな笑顔でした。彼の笑顔に救われました。落選してから約800日、休み無しで走り回っていますので、おそらく疲労がたまっているのかもしれません。

 今日は、元気も回復して、いつものようにルーティ―ンの活動ができました。午後は周平が一番弱い紀ノ川の北東側、岩出市との境目で街頭演説をしました。半日やりましたが、さすがに相手陣営の最強の場所です。誰も振り向きもしてくれません。

 それでも、ありがたいことに、支援者の方でしょうか、少数とは言え、握手をしてくださったり、ご夫婦でジャンパーを着込んで、団地からわざわざ出てきて励ましてくださる方もいました。そして、最近のマイブームなんですが、小学生がたくさん集まってくれて、「応援してるでえ!!」と言って、からかいに来ます。でも、無視されるよりは子供にでもかまってもらえるとほんまに「うれしいもの」です。

 今日も昼間は温かかったのですが、夕暮れ時は冷え冷えします。手がかじかむ真冬の街頭演説は今日も暮れていきました!!

お鍋を囲んで


 (伊太祁曽神社の「木の俣」です。皆さんもくぐりに行って下さい!)

 今朝は、南海電鉄和歌山市駅でビラを配りながらの街頭演説からスタート。まだ、真っ暗な駅前でビラを配り始めます。そのうちに、太陽が出てきます。太陽の光には人間を元気にする力があります。日が昇ると、明るく前向きな気持ちになれます。ボランテアの皆さん!早朝から有難うございました。

 その後、支援者周りをして、午後は街頭演説に飛び出しました。夕方、和歌浦の路上で演説をしていたら、支援者の方が、歩いて来られました。「周平さん、何やってんのよ。家で一杯飲んでたら、なんぞ音がするさかい、見たら周平さんやんか。ちょっと上がって、鍋でもつついてよ。」とおっしゃいます。

 確かに、私が演説をしていた場所の近くにその方のお家があるのは判っていました。演説が終わったらあいさつに立ち寄ろうとは思っていましたが、先に見つけられてしまったようです。

 夕暮れ時で、寒くなってき頃です。渡りに船と、お宅に上がりこんで、お鍋を囲ませてもらいました。まだ、演説したいのと自分で運転していますから、お酒は飲めません。熱いお茶をいただきながら、おいしい鍋で体が芯から温まりました。ふと思いましたが、「他人の家に平気で上がりこんで、お茶の間でお鍋をいただく自分」がそこにいます。最近、支援者のお宅でご飯をよばれることが多くなってきました。

 この前、スーパーマーケットの前で、「鳥のから揚げ」と「散らし寿司」をもらった話はブログにも書きましたが、周平はどんどん厚かましくなってきました。官僚時代ではおよそ考えられない「進化」を遂げたことになります。

 昨日、伊太祁曽神社の「木の俣」をくぐったご利益が早速いただけたのでしょうか、本当においしいお鍋でした。ごちそうさまでした!!
月別アーカイブ
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード