衆議院議員 岸本周平 Shuhei Kisimoto Official Website

2007年07月

民主党和歌山のパワー


 昨日は、選挙後のバタバタでブログの更新もままならず、申し訳ありませんでした。まず、朝6時半から、南海和歌山市駅前で、街頭演説を開始しました。大勢の市民の皆さんから、「阪口さん、残念やったね。」とねぎらいのお言葉をたくさんもらいました。

 民主党全体での大勝利よりも、和歌山選挙区で勝てなかったことを悔しがってくださいました。ほんとうに、有難いことです。「関西でも民主党の議席が無いのは、また和歌山だけや。恥ずかしなあ。」と年配の女性の方に言われました。

 その後、一日中、事後処理とあいさつ回りで、終わってしまいました。今朝も、朝7時から、JR和歌山駅で街頭演説。藤本まり子県会議員、山本ただすけ市会議員と一緒に、参議院選挙のご支援に対して、感謝をこめてごあいさつをしました。

参議院選挙区の戦いを終えて


   (阪口直人候補の事務所前で、支援者の皆さまにご挨拶中の周平)    

 真夏の暑い一日となりました。和歌山県では、夏の高校野球の決勝戦が紀三井寺球場で行われました。午後12時半からのプレイボール。試合の終了する3じ過ぎまでは、投票率が落ちたようです。結果は、59.4%と前回を上回ったので、ホッとしています。

 私たちが死力を尽くして戦った17日間の選挙戦。阪口直人候補もほんとうに、頑張りました。県内1200キロを自転車で走破。ちょうど、大阪ー東京を往復した勘定です。後半、盛り上がる支援の輪。

 元々、組織力の無い民主党和歌山県連ですが、今回は連合和歌山、部落解放同盟和歌山県連の皆さんの組織力で十二分に補っていただきました。まさに、車の両輪のようでした。

 選挙区の結果は残念ながら、敗北となりましたが、都市部での善戦を踏まえれば、次の国政選挙につながる結果は出せたと思います。阪口候補は敗北宣言の後、今晩から活動再開とのことで、自転車で夜の町に街頭宣伝に出かけました。頭の下がる候補です。

 私も明日の朝から、これまで通り、駅前での街頭演説をいたします。応援していただいた皆さま有難う有難ございました。

羽田孜元総理来和!


     (羽田孜元内閣総理大臣とともに、JR和歌山駅前にて!)  
 
 ついに参議院選挙も最終日になりました。今回の選挙は党本部も力が入りました。菅直人代表代行、鳩山由紀夫幹事長、岡田克也副代表が続々と和歌山に入りましたが、最終日には、元総理で民主党最高顧問の羽田孜衆議院議員が応援にかけつけてくれました。

 朝10時半、東ぶらくり丁商店街入口の「綿彦」さんから「桃太郎」をスタートしました。そして、おもちゃの「ヒシヨシ」前で、街頭演説。その後、中ぶらくり丁を抜けて、グリーンソフトの玉林園を越えて、北ぶらくり丁へ。「紀の国ぶらくり劇場」前では、入場前の大勢のお客さんにご挨拶ができました。ドンキホーテ前で、再び街頭演説。

 鳩山幹事長が来和された際にも、ぶらくり丁を歩いていただき、その時のお話を聞いてわざわざ、羽田元総理もお出でいただいたそうです。鳩山幹事長とおなじように、一軒一軒、お店を回っていただきました。

 その後、北の新地の交差点からJR和歌山駅まで練り歩いて、近鉄百貨店前でも街頭演説を行いました。真夏の暑いさ中、羽田元総理には2時間も桃太郎をしていただき、感激です。

 そして、午後8時、最終最後の街頭演説を終えて帰ってきた候補者を事務所で派手にお出迎え。午後8時以降、拡声器を使った街頭宣伝活動はできませんが、候補者が自転車で市内を回って、地声でお願いすることは許されます。候補者からお礼の言葉があった後、日付の変わる深夜12時まで、候補者は自転車で走り回るために、事務所を出発しました。私も今、自宅で支援者の皆さまに最後の電話をかけています。

 すべての結果は、明日の投票で決まります。皆さん、お疲れ様でした。私たちは人事を尽くしました。あとは、天命を待ちましょう。

最後の個人演説会!


      (橋本市の個人演説会で前座を勤める岸本周平) 

 今日は、朝6半から、住友金属和歌山工場の正門前で、朝立ちをやりました。住金労組の皆さんも一緒に立っていただき、気合を入れました。この朝立ちは選挙には恒例となっています。私の衆議院選挙の時もそうでしたし、藤本まり子県会議員の選挙の時も同じです。

 選挙終盤ともなりますと、候補者のみならず、事務所スタッフも疲れがたまってきます。連絡が悪くて、今朝は、民主党の旗が一本も無い状況でスタートしてしまいました。私の事務所が住金から最も近いので、ひとっ走り。6時35分には旗が立てられましたので、問題はありませんでした。

 選挙事務所は、時として、デッドヒートして、怒鳴りあいやつかみあいのケンカになることが当たり前です。無償のボランティアの集団が、各人の理想や熱い思いで、集まってやっているわけですから、当然だと思います。しかし、何だかんだ言っても、候補者を当選させたくて、集まっているわけですから、すぐに仲直りができます。

 その意味では、これまで、我が選対はおとなし過ぎたかもしれません。選挙最終晩で、ようやく他の選挙事務所並に燃え上がってきたようです。残り、二日間、頑張ります。

 夜は、橋本市で個人演説会に出ました。相変わらず、前座で吠えてきました。夏風邪は峠を越したようで、すっかり大丈夫です。ご心配をおかけしました。明日は、羽田元総理が和歌山に入り、候補者と一緒に商店街などで「桃太郎」の予定です。選挙前に、商店街を回られた鳩山幹事長が現地を見てくるように、お話をしていただいたようです。

個人演説会は続くPART2


月別アーカイブ
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード