衆議院議員 岸本周平 Shuhei Kisimoto Official Website

来訪者に感激!


 今日、私の事務所に土地家屋調査士の田村誠さんが来られました。市議会議員の片桐先生のご紹介です。片桐先生とは関西電力の入社同期だそうです。田村さんは、26年間働いてきた関西電力を10月末で退職されることになり、現在休職中で、独立を目指して準備に追われる毎日だそうです。


 関西電力の社員というエリートの立場を打ち捨て、自身の夢に向かってチャレンジする姿に感激するとともに、私自身にも勇気をいただきました。土地家屋調査士の国家試験を通るのに5年間かかったそうです。


 「資格を持ったまま、定年退職後に土地家屋調査士の仕事を始める手もあったが、まだ若い今のうちに独立したい。」と決断したんだと笑っておられました。しかし、友人やご家族が猛反対する中での出発で、周囲の説得はたいへんだったそうです。


 田村さんは11月から、紀ノ川市貴志川町の前田354−1で「田村土地家屋調査士事務所」を立ち上げられます。リスクを取って頑張る田村さんにエールを送りたいと思います。


 田村さんは、大きなリスクを取るわけですが、「不安だが、不幸ではない!」と自分自身に言い聞かせているとのこと。私自身、昨年の夏の総選挙で、安定した大企業のサラリーマン生活を捨てて、リスクを取った人間なので、「不安と不幸は違うんだ!」という田村さんの言葉にしびれました。

初めての政党掲示板!


 今日は私の満50歳の誕生日でした。気持ちの上では、もう少し若いつもりですが、こればかりはどうしようもありません。夜は、既に50歳になった者とまだ49歳の同級生たちとお祝いの会をします。その中に、最近結石の手術をして退院した同級生もいて、快気祝いも兼ねています。

 今日、おめでたいことがもう一つありました。

 これまで、和歌山市内では、民主党の政党掲示板はゼロでした。掲示板を注文して、出来上がったのが先月です。しかし、民主党の政党掲示板を張らせてもらえるお家や企業を探さなくてはなりません。組織がなく、後援会もまだ立ち上がっていない岸本陣営ではこれはたいへん難しいことです。

 しかし、熱烈な支援者の方々のおかげで、これまでに数枚掲示板を設置できました。そして、今日、民主党本部から、小沢代表のポスターが届きました。初めて、政党掲示板に小沢代表のポスターを張ることができました。感激の一瞬です。

 プロの政治家さんから見たら、幼稚園児のように思えるかもしれませんが、このような目に見える着実な成果が、支援者の皆さんのおかげで、一つずつ積み上がることは本当に有難いことです。

和歌山日米協会設立総会

 昨日、午後4時から開催された和歌山日米協会設立総会(東急イン)に出席しました。日本では31番目の日米協会として、発足しました。会長はノーリツ鋼機の佐谷勉社長で、和歌山の経済三団体をはじめ、和歌山大学、和歌山県立医科大学、高野山大学もバックアップをするというアカデミックな協会です。
 
 私は、アメリカに3年住んで、プリンストン大学で教鞭を取っていた経験を見込まれて、創立メンバーとして会員にならせていただきました。在米の時には、ニューヨークのジャパン・ソサエティー(日本協会)にお世話になり、講演をさせてもらったり、帰国後もキャラバン・プロジェクトに参加し、テキサス州などアメリカの地方都市の日米協会を訪問して、交流をしてきました。

 ニューヨークのジャパン・ソサエティーが東京に事務所を設けており、川島瑠璃さんという私がニューヨークでお世話になった方が、代表です。何とか、ジャパン・ソサエティーと共同のプロジェクトを立ち上げるお手伝いをしたいと思います。

 設立総会に続いて、同志社大学の村田晃嗣教授による日米同盟の歴史に関するご講演がありました。私がプリンストン大学にいる頃、村田先生はワシントンにおられ、朝日新聞の船橋洋一さん(当時ワシントンのアメリカ総局長)主催の勉強会で毎月顔を合わせていました。講演の後のレセプションで、久しぶりの再会をし、旧交を温めることができました。村田先生は今やテレビでも引っ張りだこの人気者で、会場では女性陣に囲まれて写真大会になりました。その間隙をぬって、昔話に花を咲かせました。
月別アーカイブ
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード