衆議院議員 岸本周平 Shuhei Kisimoto Official Website

駅頭での民主党号外ビラ配り


 今日は月曜日です。ということで、恒例の南海和歌山市駅とJR和歌山駅での街頭演説の日。今日も、先週に引き続き、和歌山県議会議員補欠選挙のビラ配りをしました。朝、6時40分から、南海和歌山市駅でビラ配り開始。大阪方面に出勤のサラリーマンはけっこう多く、街頭演説は止めて、私もビラ配りの先頭に立ちました。

 ビラをもらってくれる人は、本当に有難いです。若い女性は、まず完全拒否モードです。おじさんの場合、明らかに「僕は自民党支持だもんね!」という感じの方は、手で手刀を切るようにして拒否されます。渡す方は、ほんとうに傷つくんですよね。まあ、先方からすれば迷惑千万でしょうけど、、、。

 しばらく、エスカレーターの方へ歩いてから、「え!民主党?」と振り返ってくれたサラリーマンの方がいました。和歌山市駅の上りのエスカレーターに3歩乗って、渡してしまいました。後はダッシュで駆け下りました。通学の子供さんには見せられないシーンです。

 私は、ビラ配りを始めてから、大阪や東京に行った時、駅でのビラやティッシュを配る方に出会うと、必ず、二つ以上もらうようになりました。手にしてもらった時には本当に嬉しいんです。どうか皆さん、駅での配り物は、後でごみ箱に捨ててもいいですから、ともかく受け取ってやってくださいね。

 8時からはJR和歌山駅に移動して、街頭演説。こちらは、10人以上のスタッフがビラを配ってくれていたので、演説に専念しました。JR和歌山グループも正面と東口の二班に別れて、午前7時からスタート。二つの駅で9時前まで頑張って、今日は、約3千5百枚のビラを配ることができました。配ってくれたスタッフともらってくれた通勤客のみなさま、ほんとうにありがとうございました!

 午後からは、街頭宣伝車に乗って、カラス(男性がマイクで演説しながら車で市内を流す場合。女性はウグイスです。)をやろうと思ったら、エンジントラブルで車両故障でした。中止です。トホホ、、、、。

和歌山県第九合唱団 夏の大合唱 2006


 二日続けてのコンサートです。この時間以外は、戸別訪問していましたから、私の後援会と藤本まり子先生の事務所の皆さんにはお許しをください。ごめんなさい。
 
 今日の午後3時から、和歌山県民文化会館大ホールで、クラシックのコンサートがありました。「和歌山県第九の会」主催で、関西フィルハーモニー管弦楽団の演奏。指揮は同楽団正指揮者の藤岡幸夫さん。第1部は「ENJOY!オーケストラ!」と題して、目玉は和歌山市在住のマリンバ奏者波木基子さんとの「マリンバ小協奏曲」(ポール・クレストマン作曲)でした。

 第2部は「オーケストラと歌うモーツアルト」とのタイトルで、「レクイエム」やオペラ[魔笛」から素晴らしい楽曲を和歌山県第九合唱団の皆さんが熱唱されました。その上、ゲストとして、ソプラノ久保美雪さんとバリトン萬田一樹さんが素晴らしい美声を披露してくれました。 

 久保美雪さんが歌われたオペラ魔笛より「夜の女王のアリア」はソプラノの歌曲の中では、技術的に最も難しい曲の一つだそうです。歌い終わった瞬間、「ブラボー!!」の声がいくつも出る感動的な歌唱力でした。美雪さん!良かったよ!歌い終わった時の顔には達成感が見てとれました。

 久保美雪さんも、昨日紹介した「オフィス・コブクロ」社長の坂田美之助さん同様、私のご近所広瀬地区に住んでいます。すんません、ちょっとしつこかったですか。
 
 波木基子さんのマリンバも最高でした。私も、作曲家の三枝成章さんの弟子の一人(お酒の飲み方教室)として、東京ではイヤというほどクラシックのコンサートには行かされましたが、マリンバとオーケストラの協奏曲を聴いたのは今日が初めてでした。波木さん!ブラボー!波木さんも演奏終了後、「やったぁ!」ていい顔でしたよ。

 そして、今日のコンサートに招待してくれたのは、和歌山県第九合唱団の裏方として、信じられないほど頑張っている花光さんでした。花光さんは公務員をしながら、私財をすべて投げ打って、和歌山でのクラシックコンサートや落語会のプロデュースをしてくれるスーパーマンです。

 花光さん! ありがとう!!
 

 

 

コブクロ ファンフェスタ 2006 @和歌山ビッグホエール


 コブクロは、大阪の道頓堀の路上からメジャーにのし上がったグループです。何を隠そう、私はコブクロの大ファンです。4月24日に大阪城ホールで行われた全国ツアーNAMELESS WORLDのコンサートにも後援会事務所に内緒で行ってしまいました。

 今日は、年に一度のファン感謝デーでした。全国版メジャーのコブクロのファン感謝デーがなぜ和歌山で行われるのか?不思議です。実は、コブクロこと小渕さんと黒田さんを路上でスカウトして、世の中に売り出したプロダクションの社長が和歌山在住の坂田美之助さんなのです。私と同じ世代なのですが、今流行のチョイ悪オヤジ系で、素敵な中年おじさんです。ちなみに、住んでいる所も私と同じ広瀬地区です。

 そして、コブクロの所属するプロダクション「オフィス・コブクロ」も和歌山にあるんです。すごいでしょう。美之助さんは、和歌山にこだわり、プロダクションを東京に移すことなく、和歌山のために、コブクロのファン感謝デーをビッグホエールでやってくれています。今日も全国から7000人のコブクロファンが和歌山に来てくれました。

 しかも、和歌山市の南にあるマリーナシティ−内のテーマパークのポルトヨーロッパとのタイアップで、ライブチケットの半券がそこの入園券(1400円)になるんです。和歌山の経済振興に一役買ってます。なのに、ビッグホエール前の広場は閑散として、和歌山の物産を売るプロジェクトもありません。もっとも、和歌山市の誇る「グリーンソフト(抹茶味の緑のソフトクリーム)」は売ってました。もちろん、飛ぶように売れていました。来年は何とかしなくてはいけません。

 今日のコンサートは古い歌が多く、コブクロもノリノリで演奏していました。私は、彼らがメジャーデビューしてからのファンなので、もちろん路上での演奏は聞いたことはありません。今日のステージでは、彼らが路上でやっていた「坂道」という曲を路上時代と同じかたちで演奏してくれました。

 私も、駅前の路上や、スーパーマーケットの駐車場など路上で演説をするのが今の仕事です。これまではCDを聴いていても、思いもよりませんでしたが、今日のコンサートを聴いて、「路上」での仕事という意味では昔のコブクロと私は一緒なんだなと強く思いました。

 そんな思いで聴いた「坂道」には、ホロッとさせられましたが、既にメジャーデビュー満5年のコブクロの強い歌声は、落選中の私にも希望と勇気を与えてくれました。小渕さん、黒田さん、ありがとうございました!
月別アーカイブ
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード