衆議院議員 岸本周平 Shuhei Kisimoto Official Website

街頭宣伝車が走る!


 和歌山県議会の補欠選挙は7月21日告示、30日投票です。候補者を乗せた街宣車は21日から和歌山市内を走り回ります。一方で、民主党という政党が通常の政治活動の一環として、街宣車によって政策を訴えることは許されます。

 今日から、民主党のマークを付けた街宣車を走らせ始めました。候補予定者の名前の連呼は許されませんから、靴の上から足を掻くような感じです。まだるっこしいのですが、ルールですから仕方ありません。

 候補予定者の藤本まり子市会議員は、民主党和歌山県連では「男女共同参画委員長」の役職を務めています。藤本まり子男女共同参画委員長を先頭に、民主党和歌山県連は、子育てや、教育、福祉、人権などの問題に真剣に取り組んでいることを街宣車から訴えています。

 先日の滋賀県知事選では、3期目を目指す現職に自民、公明、民主の政党が相乗りしたにもかかわらず、「もったいない」をキャッチフレーズに、無駄な公共事業廃止を公約した嘉田由紀子さんが当選しました。争点の絞り方によっては、既成政党には有権者を惹きつける魅力がなくなっているのかもしれません。もともと環境問題を重視してきた民主党は、大型公共事業である新幹線駅舎の建設見直しを公約した新人を推薦すべきであったとの批判もありました。

 空疎で抽象的な言葉をもてあそぶのではなく、有権者の心に直接響くメッセージと政策を打ち出せるかどうかが決め手です。「改革」やら「前進」のような手垢にまみれた言葉では人の心を打つことはできません。そのことは、党派にかかわらず、政治の道を目指すすべての人に突きつけられた課題です。

 母親として、小学校の先生として前向きに生きてきた、われらが候補予定者のスローガンはこれです。

「はじける街にしたいな 和歌山 子ども達に豊かな未来を」

 私が民主党県連代表として戦う最初の選挙で、和歌山の有権者の心をつかむことができるかどうか!?その結果は7月30日に出ます。事務所開きの日から、ワクワク、ドキドキの日々が続いています。毎日、選対事務所に行き、自分の選挙のつもりで頑張っています。

オークワ労働組合「岸本周平経済セミナー」


 昨日の午後は、UIゼンセン同盟のオークワ労働組合の支部長さん達約60人ほどの会に招かれました。政治の話よりも「日本経済の話を分かりやすく説明してやってください。」と執行委員長の田中博景さんから頼まれたのがきっかけです。 私自身も、街頭演説では政治の話をしますが、今は選挙対策のための活動よりも友人を一人でも多くつくる時期だと思っています。私という人間をよく分かってもらうことが大事なことだと考えています。このブログも、頑張って投稿し、一人でも多くの人に私自身や私の考え方を知っていただけたら良いなと思っています。                           


  私の社会人生活のほとんどは財務省や経済産業省など経済官庁の政策マンとしてのものでした。また、幸いなことに米国のプリンストン大学で教鞭を取ってから、教えることの楽しさに取り付かれ、以来、埼玉大学や中央大学など国内の大学で経済学や公共政策学を教えています。 最近は、労働組合の集まりでも、経済の話をさせてもらえる機会が増えています。


 選挙に出る前の2年弱は民間企業のトヨタ自動車?で働いていました。国内の工場のみならず、中国、インドネシア、タイなどの海外の工場も実際に見てきました。親方日の丸のお役所で23年間も働いていたものですから、見るもの聞くものすべてが新鮮で、驚きの連続でした。そのようなミクロの経験も、多くの方に聞いていただきたいと思うものの重要な部分です。 


 昨日のセミナーでも、トヨタの改善運動のポイントを説明しました。「変えないことは悪である。」というのが奥田前会長の口癖でした。やり方を変えて失敗しても絶対にしからないが、やり方を変えずに失敗したら左遷させられる企業文化が根付いているのです。そして、失敗した際には、なぜそうなったか?「五つのなぜ」というプロセスで、失敗の本質にたどりつくまで、何度も質問が繰り返される現場の厳しさを披露しました。 


 さすがに、組合の支部長さん達は、熱心に講演を聴いてくださいました。質疑の時間もいただき、1時間の予定が15分以上超過してしまい、主催者の田中さんにはご迷惑をおかけしましたが、私自身も充実した時間を過ごせました。この場をお借りしてお礼申し上げます。これからも、お呼びがかかる限り、経済の講演を続けていきたいと思っています。どうかお声をおかけください。

民主プレス号外ビラ配り


 今日は、いつものように朝6時40分に事務所に集合し、のぼりとハンドマイクを準備し、南海和歌山市駅へ向かいました。いつもと違うのは、出来上がったばかりの「民主プレス号外」を配るため、多くの仲間が応援に来てくれていることです。同じ時刻からは、別の仲間がJR和歌山駅前でも同時進行で配り始めてくれています。

 今回の号外は、7月30日投票日の和歌山県会議員補欠選挙に、民主党が藤本まり子さんを公認したことを市民の皆さんにお知らせするものです。和歌山県における民主党としては、歴史的な第一歩です。

 朝の通勤通学で先を急ぐ人たちに、ビラを受け取ってもらうのは、たいへん難しいものです。しかし、大勢の人が受け取ってくださいました。私自身は、朝7時から市駅、8時前に移動して和歌山駅に立ち、「藤本まり子を先頭に頑張っている民主党です。」と訴え、ビラ配りと一体となった街頭演説をしました。応援に来てくださった皆さんのお陰で、2時間行ったビラ配りにより、約2,000枚の「民主プレス号外」が市民の皆さんの手に渡っていきました。
月別アーカイブ
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード