衆議院議員 岸本周平 Shuhei Kisimoto Official Website

自民党の配偶者控除の見直し案は支離滅裂!?



政府・自民党の税制改正作業の中で、配偶者控除の見直しが進んでいます。

その内容が明らかになり、当初の目的と真逆な方向に進んでいることに驚いています。

配偶者控除は妻(もしくは夫)の年収が103万円までの場合に、38万円の所得控除が受けられる制度で、昭和36年に導入されました。

これが103万円の壁と言われて、女性の就業促進を妨げるとともに、共稼ぎが主流になっている今、専業主婦世帯への過度な優遇と批判されたことが今回の見直しの理由です。

しかし、今の自民党案は、むしろ配偶者控除を拡大し、年収要件を150万円以下にするものです。税収中立にするため、本人の年収上限を1120万円とする案になっています。

実は、103万円の壁は税制が原因ではありません。

昭和62年に、配偶者特別控除制度が追加され、103万円を超えても、本人の手取り額がすぐに減らないように手当てされています。

パートの主婦などが年収を103万円に抑えるのは、配偶者手当を支給している企業の7割がその基準を103万円にしているからです。

ちなみに、その上には、年金や健康保険の社会保険料の支払いが義務付けられる130万円(大企業では106万円)の壁が存在しています。

配偶者控除の基準の見直しが、ひいては企業の配偶者手当の廃止や見直しに結びつくだろうから、女性の就業促進、労働時間の延長に効果があると言いたいのでしょうが、いささか迂遠です。

また、この案が所得制限をかけるため、高所得者から低所得者への所得再分配効果があることは認めます。

結局、政府による低所得者への賃金補助になるのですが、見直し議論のスタート時点の考え方とはかけ離れています。

配偶者控除見直しは専業、パート、共稼ぎなどの夫婦世帯間の「就業形態」の中立性を目指していたはずです。

そのスタート時点の発想がいささかピンとはずれだったことは指摘しましたが、少なくとも、制度上、就業形態の選択に中立的にするためには配偶者控除を廃止して夫婦控除を新設する政府税調案などが合理的です。

しかし、退職者世帯や事情があり配偶者が働けない世帯などには負担増になる可能性があります。

過渡期的には、配偶者控除を縮小、税額控除化して、扶養控除と統合した家族控除を新設し、現在の対象者も引き続き対象とすべきでしょう。

所得控除は高所得者ほど得をしますので、税額控除にすることで所得再分配効果が期待できます。

将来的には、事情があり配偶者が働けない世帯などには手当てをした上で、給付付きの勤労税額控除と合わせ、家族控除として整理することを提案します。

和歌山文化協会の総合美術展

(山本秀太郎先生と記念撮影。)

毎年、和歌山文化協会主催の総合美術展に書を出品しています。

この展覧会は書や絵画に、華道部の先生方がお花を合わせて展示するユニークなものです。

昨年から、水墨画も習い始めましたが、相変わらず下手な書道を出品。

樋口林甫先生にお華を合わせていただきました。有難うございます。

並べて展示された山本秀太郎先生と一緒に記念撮影。

(隷書の「徳」)

今年の字は「徳」。いきおいと読みます。

中国古典では、徳を持つ人は権勢があって、富裕で人の信頼を得る人のことです。

誰もが、そうなりたいところですが、徳を身に着けるためには、己れの最善を他者に尽くし切る必要があります。

日本では、その目的である、己の最善を他者に尽くす態度が「徳のある人」というイメージですが、中国古典では勢いを持つ人になるための条件なのですね。

どちらにしても、凡人には及ばない境地です。汗。

映画「ちょき」

(映画「ちょき」公式HPより。)

全編和歌山市内でのロケ。映画「ちょき」の試写会を観ました。

11月19日(土)から和歌山での先行上映でデビュー。

和歌山市内の「じゃんじゃん横丁」にある美容室が舞台。

妻を亡くした中年の美容師波多野直人と、その妻京子の書道の生徒だった少女との純愛物語。

少女サキは母親の虐待で失明。県立盲学校の寄宿舎で生活しながら学んでいた。

新しい先生の声が、京子に似ていたことから、サキは友達と一緒に10年ぶりに美容室を訪れます。

ロケ地は、和歌浦天満宮、マリーナシティ、磯ノ浦海岸、和歌山盲学校などです。

和歌山在住の方には、和歌山の美しさを再発見する楽しみがありますが、私は、この映画そのものに魅せられました。

舞台が和歌山であろうかなかろうが、関係ありません。

監督・脚本の金井純一さんが、素敵な純愛のストーリをまじめなひたむきさで、作り上げてくれました。

映画として、すごく完成度の高い作品に仕上がっており、観た後に、「ああ、映画っていいよなあ。」としみじみ感動しました。

歳を取って、失敗や挫折の経験のある大人にしかわからない映画です。

それでも、ぜひ、若い人にも観てほしい素敵な映画です。

主演の吉沢悠さんと増田璃子さんも素晴らしい演技でしたよ。

ドリップで淹れるコーヒーとレコード針で聴くアナログのオーデイオ。

私が大学生になった40年前に憧れたおしゃれな瞬間が見事に切り取られています。

言いたいことは山ほどありますが、皆さんぜひ一度観てください。

11月19日(土)ジストシネマ和歌山、イオンシネマ和歌山、ジストシネマ御坊・田辺・南紀
12月3日(土)渋谷HUMAXシネマレイトショー

(映画「ちょき」公式HPより。)
月別アーカイブ
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード