衆議院議員 岸本周平 Shuhei Kisimoto Official Website

休眠預金活用法案が成立しました。

(参議院財政金融委員会で質問に答える岸本周平。)

12月2日(金)、「民間公益活動を促進するための休眠預金活用法案」が参議院本会議で可決、成立しました。

前国会では衆議院の財務金融委員会で審議終了し、採決の一歩手前で時間切れとなり、今国会が勝負でした。

超党派の議員連盟をつくり、3年以上かけてようやくここまでこぎつけました。実務責任者として、衆参の委員会で答弁にも立ち、感無量です。

応援してくださった皆さん、有難うございました。

この法案は、毎年500億円程度発生する「休眠預金」を使って、社会的課題の解決のための民間団体の公益活動を支援する枠組みをつくるものです。

預金者への払い戻しには全力を尽くす一方で、預金保険機構にファンドをつくり、情報公開を徹底してガバナンスをきかせた運用を目指します。

子どもや若者の支援、日常生活等を営む上で困難を有する者の支援、地域化成加藤の支援の3分野が対象になります。

これまで、国や地方自治体が対応できなかった課題を解決するために複数年度主義で、たとえばソーシャル・インパクト・ボンドなどの革新的な手法の開発を促進します。

そして、この資金をシーズマネーとして、民間資金も調達することを通じて、国内の公益活動を活発にしていきます。

1年半以内に施行されますが、システム整備もあり、運用開始までに3年前後かかる見通しです。

全国に一つだけの「指定活用団体」をつくり、そこから、資金分配団体を通じて民間の公益活動する団体に資金を出します。NPO法人だけではなく、自治会など多くの団体が対象になります。

運用の基準は内閣府に設置する審議会が決めますが、運用は民間セクターが自主的に行うことが重要です。

このシステムの中で、利益相反を防ぎ、透明性の高いガバナンスをいかにつくっていくか、これからが重要になってきます。

議員連盟の仲間と共に、引き続きしっかりとフォローしていきます。

TPPの国会審議が教えてくれた大事なこと




来週には、日本の国会がTPPの批准を終わらせます。

一方で、トランプ次期大統領がTPPからの離脱と二国間の自由貿易交渉を開始することを公式に発表しました。したがって、当分、TPPが実現することはなくなりました。

しかし、私は国会での議論は決して無駄ではなかったと思っています。

TPPは、貿易問題だけではありません。投資や、金融、人の移動、保健・医療、政府調達、ISDS条項など国民生活に影響する多くの分野が対象です。

今回の国会審議で良かったことは、食の安心、安全について議論がスタートしたことです。

私自身も、貿易や投資には土地勘がありましたが、特別委員会のメンバーとして幅広く勉強する中で「不都合な真実」のいくつかを見つけました。

たとえば、これまで米国から輸入していた牛肉や豚肉は成長ホルモンや成長促進剤を使っていました。そもそもEUなどではそのようなお肉は輸入禁止です。EUでは1989年に禁止してから2006年までに、乳がんの死亡率が平均で3割程度減りました。

日本では、国内では成長ホルモンや成長促進剤の使用は禁止されていますが、それを使ったお肉は輸入できるというダブルスタンダードです。しかも、そのような表示をする義務はありません。

遺伝子組み換えの作物も輸入されています。米国から輸入されるとうもろこしや大豆の9割は遺伝子組み換えです。日本ではその表示義務がゆるいのですが、米国はさらに表示をしないように圧力をかけてきています。

米国からは、収穫後にもレモンなどに使われる農薬の「防かび剤」を食品添加物として認めさせられ、その表示すら止めろと押しまくられている実態もあります。ちなみに、日本では、収穫後の作物に農薬をつかうことは法律で禁じられています。だから、「食品添加物」とみなすとい方便を使っています。

今後、日米の二国間で交渉が始まるならば、自動車や農産物の議論をすると同時に、食の安全の問題をしっかりと提起し、国民の生命を守るべきだと考えます。その意味では、トランプ次期大統領のおかげで、良いチャンスがもらえたわけです。トランプさんに感謝です。

和歌山商工会議所女性会50周年記念式典・祝賀会

(和歌山商工会議所女性会の創立50周年記念式典)

和歌山商工会議所女性会の創立50周年記念式典・祝賀会に出席しました。

式典では、女性会の松田美代子会長(9代目)が、1965年9月の女性会発足以来の沿革を紹介されました。

女性会は、和歌山大学観光学部の設置や、中国山東省の女性企業家団体との交流などをしてこられした。

また、商工まつりでは、人気のカフェを運営して市民に感謝されています。

いろんなイベントもなさっていて、特に地域振興で力を発揮してこられました。

私も、仁坂知事、尾花市長などの来賓の一人として、祝辞を述べさていただきました。

(祝賀会にて東尾修元西武ライオンズ監督を囲んで。)

記念講演は、和歌山県立箕島高校OBの東尾修元西武ライオンズ監督。

ケンカ投法そのままの素晴らしいお話に感動しました。尾藤監督との思い出話には、東尾さんの尾藤さんへの深い感謝の念が伝わって、しんみりとさせられました。

祝賀会は、和歌山市西脇の出身の声楽家で神戸女学院大学の斉藤言子学長の歌声でスタート。

とてもスマートな垢抜けのした祝賀会で、お料理だけでなく、器にもこった素敵なものでした。

松田会長に聞いたところ、何回も試食会をして練り直したとのこと。

いつもながら、女性会の皆さんのパワーには圧倒されます。

60年、70年記念式典を目指して、益々のご発展をお祈りいたします!!
月別アーカイブ
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード