衆議院議員 岸本周平 Shuhei Kisimoto Official Website

本当の女性活躍とは?

(雑誌グラマーより転載。)

オバマ大統領のエッセイが今、女性の間で話題になっています。

20代が対象の雑誌「Glamour」に載せた 、そのタイトルは「フェミニストはこんな顔」です。

安倍政権の「女性活躍」は、取締役会の3割を女性にせよとか、女性ももっと働きやすい環境にしましょうとか、経済面でのアプローチになっています。まるで、経済活性化の道具のような扱いです。

オバマ大統領は、そうではなくて、「女性活躍社会」への挑戦を人権の問題と捉えています。

私の回りの女性たちの間では、ものすごく共感を呼んでいますし、男性の私が読んでも、ストンとお腹に収まりました。

「女性活躍」を進めるためには、要するに、「男性はかくあるべき、女性はかくあるべし。」という私たち一人ひとりのステレオタイプな考え方自体を変えること、つまり自分自身を変えることが必要だと、オバマ大統領は言っています。

女性の自立のためのこれまでの戦いは高く評価するし、法律や制度を変えることはとても重要だが、最も難しいチャレンジは、法律とは無関係な、心の中の変革を起こすことだと。

そして、彼は、シングルマザーとして彼を育ててくれた母親や、二人の娘を育てている妻が、社会のステレオタイプな男女のあり方に苦しめられたことを指摘しています。

彼自身、父親不在で育ったため、若い時に、どんな男性像を目指すのか悩んだと言います。それも男性とはクールでマッチョでなければならないというステレオタイプのせいで。

つまり、大事なことは「男らしくとか、女らしく」というステレオタイプな考え方にチャレンジしなければならないということ。

人々は、おむつを替える男性をほめるかたわら、専業主夫は非難するし、仕事ができて野心家の女性は生意気だと言われます。

「男らしくとか、女らしく」と思っている以上、本当にLGBT(ゲイやレズビアン、トランスジェンダーなど)の問題を解決することはできないわけです。

女性の活躍できる社会とは、男女の別や肌の色によって不公正な扱いを受けない、人権と平等が確保されている社会だということなんだと、オバマ大統領は語っています。

私もその通りだと思います。

ヘリコプターマネーとは?

最近、「ヘリコプターマネー」で景気回復をという記事が目につきます。「ヘリコプターマネー」と言われても、何のことかわかりませんね。

アベノミクスで、日銀が国債を大量に買い、マイナス金利にした上で、またぞろ国の借金を増やしてバラマキ政策をしても経済成長率は高まりません。

それならば、いっそのことヘリコプターから現金をばらまけば、それで国民が余分なものを買ってくれて景気が回復するだろうというイメージが「ヘリコプターマネー」です。

実際にそんなことはできませんから、日銀が政府から国債を直接引き受けた上、その返済を行わない状態、つまりお札を印刷して景気対策の財源にすることを意味します。

今行われている「異次元金融緩和」でも、日銀はマーケットから国債を買っています。もともとは民間貯蓄をもとに民間銀行の国債を買っているのですから、新たな資金が創造されてはいません。

「ヘリコプターマネー」では、輪転機を回すだけで新たな資金が生まれます。

民間の貯蓄の裏付けなしに、お金をばらまけば必ずインフレになります。戦争中にGDPの2倍の「ヘリコプターマネー」を出した日本では、戦後の物価が100倍になりました(1945年―51年)。戦後も「ヘリコプターマネー」を出し、借金の残高は3倍になりましたが、物価が100倍ですから国の債務は30分の1になり、借金は国民の負担でチャラになりました。

打ち出の小づちはありません。「ヘリコプターマネー」は論外にしても、日銀の「異次元金融緩和」でも、超長期の国債を日銀が買えば、マーケットからワンタッチで買うだけなら、「ヘリコプターマネー」と大きな違いはありません。

「ヘリコプターマネー」を推薦する人々は、日本がすでに放漫財政を長年続けている事実に目を背けています。予算の大半を借金でまかなうこと自体が、マクロ的には積極的な財政出動であり、最大の景気対策なのです。それでも、ようやくゼロ成長近辺の最近の日本経済は、「異次元金融緩和」やさらなる財政出動でよみがえるような状態ではありません。

地に足のついた政策への変更が求められます。

政策の提案については、下記のブログをお読みください。

民進党の行方―脱成長依存の格差是正

盆踊りと夏祭り

(つわぶき会の夏祭りであいさつする岸本周平。)

 お盆です。日本人は盆と正月に民族大移動をします。

 アメリカだって、感謝祭。中国では国慶節。どの国でも、故郷に帰るために民族大移動をするんですね。

 この時期、私たち政治家は、地元で「初盆参り」に汗を流します。

。お世話になった方々が鬼籍に入られ、初めてのお盆にご家族の皆さんと思い出話しをさせていただきます。特に落選中から応援していただいた方の場合、感慨ひとしおです。

 そして、この時期の前後は夏祭りで、盆踊り。

 和歌山市内では、障がい者の施設と地域が一体となってお祭りを行うケースが多いですね。

 社会福祉法人つわぶき会主催の「ふれあいの郷夏祭り」に参加。

 障がい者施設を受入れてくれた西脇、木ノ本地区の皆さんと一緒につくり上げてきた20年以上続くお祭りです。地域の皆さんのやさしさにあふれた素晴らしい環境です。

(麦の郷のお祭りでごあいさつ。)

 映画「ふるさとをください」の舞台となった障がい者施設「麦の郷」と西和佐地区合同の夏祭りにも参加。

 今年で22年目です。浪人時代から呼んでいただいていました。西和佐も西脇、木ノ本地区同様、先日のようないたましい事件が起こることのないやさしい町づくりのできている地域です。

(四箇郷連合自治会の夏祭り。)

 その他、和歌山市内では、連合自治会や自治会単位の夏祭りも連日行われています。

 いろんなお祭りに顔を出して、久しぶりに会う皆さんに、お叱りを受けたり、励まされたり。

 スキンシップも大事な政治活動です。

月別アーカイブ
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード